代行サービス

退職届代行サービスとはどんな内容?料金や詳細はこちら

2019年3月6日

最近よく耳にする退職届代行サービスの内容って一体どこまで行ってくれるのかと言うご質問の問い合わせが数多く寄せられております。不安なままサービスを受ける事はおすすめ出来ません。

 

分かりにくい、不安などございましたら【ご相談は無料】ですので、お気軽にお問合せ下さいませ。下記にサービスの詳細や流れがございますので、一度確認してみて下さい。ご納得がいったうえで最良の退職へ導きます。

 

 

退職届代行サービスには2種類の料金形態があります。

お客様のニーズにお応えして、2つの料金形態をご用意しております。

 

1つ目は『退職届代行サービス完全サポートサービス

こちらは、退職からその後の事後手続きまで完全にサポートいたします。

 

2つ目は『退職届代行サービス安心サポートサービス

こちらは、代行サービス当事務所スタッフに会いたくない方にお勧めのプランです。基本的にはお電話での対応、郵送等で行わせていただきます。サービスの内容等は完全サポートサービスと基本的には同じになりますが、一部書面による郵送等で出来ない場合もございます。

 

退職届代行完全サポートサービス

料金:¥50,000-(税別)

出張費込み、日帰りできない地域の場合は別途料金有

 

退職までの流れとサービス内容詳細

当事務所とお客様の契約成立後

 

 

  1. お電話でのヒアリング
  2. 退職届の代書
  3. お客様のお宅に訪問
  4. 退職届の提出
  5. 会社退職時の返却物等の会社とのやり取り
  6. 退職後、お客様が損をしない事後手続きの仕方の教授

 

 

①電話対応にて現在の心境や状況のヒアリングを行います。

どのような形で退職をしたいか、お客様のご要望ニーズを詳細にお聞かせください。当事務所スタッフが親切丁寧にお聞きいたします。出来る限り細かくお伝えして頂くと後のアクションがスムーズになりますのでご協力をお願いいたします。

 

②退職届の代書

お客様がお勤めの会社様の様式があるかとは思います。会社によっては退職届に本部や役職者の確認印が必要な場合があったり、退職届の用紙は上司に打診しなければ貰えなかったりします。そのようなことをしっかりお客様からお聞きし、どのように記載すか相談しながら私共が代書するかもしくはお客様自身で記載していただく様になります。

 

③退職届の受取(お宅などに訪問)

お客様と直接お会いし、その当日にお客様のお勤めの会社に私どもが伺い、退職届を提出致します。その際、お客様が会社と関わることは一切ありません。このお宅訪問までの間に私共とお互いに話を詰め、どのように退職をすすめていくか検討致しておりますのでご安心ください。

 

④退職届をお客様の会社に届けに行きます。

お宅訪問までの間に私共とお互いに電話でやり取りを行い、話を詰めどのように退職をすすめていくか検討致しておりますのでご安心ください。

 

⑤企業とのやりとり

会社によっては、貸与品等(名札、ロッカーのカギ、PASSWORD、社員証、制服)があり、退職時に返却を強いられます。また社員寮、社員借り上げ社宅等の福利厚生などがある会社では、就業規則により退職時の会社規則に則り、返却しなければなりません。そのような会社との話は私共で行います。そこでお客様のお勤めの会社がお客様に求める事に関しては適宜応じる事を了承願います。

 

⑥退職後について

お客様が晴れて退職ができたのち、お客様が次のお仕事が決まっておられましたら私どものサポートはここで完了致します。しかしお客様がまだ次のお仕事が決まっておらず、雇用保険適用者であれば、その後の手続きの仕方をサポートいたします。

 

例えば、退職の理由について納得がいかなかったがとりあえず早く辞めたかったから退職届代行サービスを使用した。けれども会社が有給休暇を使わせてくれなかった。退職金の規定があるにも関わらず退職金の支払いが無かった。パワハラなどのハラスメント(嫌がらせ)を受けていた。このようなケースがしばしばあります。

 

お客様のニーズに合わせ弁護士への相談に切り替えたり、会社都合での退職の切り替え手続きに変更したりすることが出来ます。私どもの理念は大きな権力や圧力からの民主的な救済にあります。ですのでお客様の退職後も親身にサポート致します。

 

 

退職届代行安心サポートサービス

料金:¥29,800-(税別)

 

 

退職までの流れとサービス内容詳細

当事務所とお客様の契約成立後

 

 

  1. お電話でのヒアリング
  2. 退職届の代書
  3. 郵送で退職届の提出
  4. お客様の会社への連絡
  5. 会社退職時の返却物等の会社とのやり取り
  6. 退職後、お客様が損をしない事後手続きの仕方の教授

 

 

 

①電話対応にて現在の心境や状況のヒアリングを行います。

どのような形で退職をしたいか、お客様のご要望ニーズを詳細にお聞かせください。当事務所スタッフが親切丁寧にお聞きいたします。出来る限り細かくお伝えして頂くと後のアクションがスムーズになりますのでご協力をお願いいたします。

 

②退職届の代書

お客様がお勤めの会社様の様式があるかとは思います。会社によっては退職届に本部や役職者の確認印が必要な場合があったり、退職届の用紙は上司に打診しなければ貰えなかったりします。そのようなことをしっかりお客様からお聞きし、どのように記載すか相談しながら私共が代書するかもしくはお客様自身で記載していただく様になります。

 

③退職届の郵送での対応

お客様自身で郵送するかもしくは、私共で行わせていただきます。

 

④お客様の会社との電話での対応

こちらは私共で行い、お客様が会社との接点を持たないようにいたしますのでご安心ください。

 

⑤企業とのやりとり

会社によっては、貸与品等(名札、ロッカーのカギ、PASSWORD、社員証、制服)があり、退職時に返却を強いられます。また社員寮、社員借り上げ社宅等の福利厚生などがある会社では、就業規則により退職時の会社規則に則り、返却しなければなりません。そのような会社との話は私共で行います。そこでお客様のお勤めの会社がお客様に求める事に関しては適宜応じる事を了承願います。

 

⑥退職後について

上記「完全サポートサービス」と同様のサービスを受ける事が可能です。

 

 

退職代行サービスはどちらがおすすめ?

当事務所では上記2種類のサービスを提供しております。完全サポートサービスと安心サポートサービスの違いはお客様の元へ行くかそれとも当事務とお電話のみでのやり取りで行うかの違いになります。どちらのサービスをお受けになるかはお客様のお好みに合わせてお使いください。当事務所のおすすめは完全サポートサービスを推奨致します。

 

出張費につきましては首都圏内であれば表記の金額で行わせていただきます。遠方の場合別途交通費等を頂く場合がございます。

 

ご相談やお問い合わせは無料です。まずはお気軽にお問合せ下さいませ。

 





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

-代行サービス
-, , , , ,

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2019 All Rights Reserved.