月別アーカイブ:2020年07月

自己契約 双方代理 民法改正 2020 4月

法改正

【自己契約・双方代理】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

改正民法 第108条 【自己契約・双方代理】について   自己契約とは本人の代理人が本人の相手方となり、双方代理とは当事者双方の代理人となる場合を意味しますが、人物が絡み合うため非常に複雑な ...

代理権の濫用 民法改正 2020 4月

法改正

【代理権の濫用】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

geralt / Pixabay 改正民法107条 【代理権の濫用】について   民法には代理人という考え方があります。例えば、裁判の時には専門家である弁護士にお願いすることがあります。裁判 ...

意思表示 民法改正 基本 要所 契約

法改正

【意思表示②】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

    民法98条 第2項 私たちは日々、契約行為を交わして生きています。買い物に行くと、「売買契約」、病院で診療を受ければ「診療契約」といった具合に、意識はしませんが全ては契約行 ...

意思表示 民法改正 2020 4月

法改正

【意思表示】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

  改正民法97条【意思表示】について。   意思表示というのは、一定の法律効果の発生させる意思の表明です。例えば、スーパーでリンゴを買うときに「買いたい」とレジに持っていきます。 ...

民法改正 詐欺

未分類

【詐欺】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

  私たちの身の回りにある「詐欺行為」、詐欺をすると詐欺罪という刑法に該当して捕まってしまうのは知っているかもしれません。しかし、実は民法でも詐欺行為によって行われた意思表示は取り消すことが ...

no image

法改正

【錯誤】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

私たちの取り巻く環境には、様々な契約行為があります。意識すらしませんが、スーパーで物を買うのは売買契約です。病院に行き診療してもらうのは、診療契約と呼ばれています。 例えば、私たちが買い物で表示されて ...

民法改正 代理権

法改正

【心裡留保】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

  民法93条心裡留保とは、真意でない意思表示をした場合において、表意者がその表示と真意の不一致を認識している時をいいます。この場合に、その意思表示とその効力をどのようにして扱いうか、相手方 ...

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2020 All Rights Reserved.