月別アーカイブ:2020年12月

法改正

【詐害行為取消の範囲】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の8)

424条は詐害行為取消について記述されていました。この条文では詐害行為であれば取消の請求ができるというものです。では、詐害行為と認められれば無制限に取消が可能なのでしょうか。限界はあるのでしょうか。解 ...

法改正

【詐害行為取消請求の訴訟告知と被告】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の7)

424条の6でも確認したように、詐害行為取消請求では、裁判をする必要があります。この場合民事裁判になりますが、誰を被告とするのでしょうか。 債務者や受益者、転得者がいる場合各所全てを被告にする必要があ ...

法改正

【詐害行為取消の財産返還請求】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の6)

  424条は詐害行為取消権、もう強制執行間近な債務を抱えている債務者が財産を減らそうと他人に贈与したりする場合に取消ができるということでした。 今回は、詐害行為で利益を得た人から返還や償還 ...

no image

コラム

パワハラ・違法行為の嵐、ブラック企業に就職してしまったらどうする?

社会の大きな問題となっている。ブラック企業ですが、万が一自分が就職してしまったらどうするべきでしょうか。辞めようとしても、親に心配をかけるかもしれません。「3年はいないと転職に不利」と言われているかも ...

no image

コラム

これもパワハラ?損害賠償請求される?裁判事例から紹介

2020年6月より、パワハラ防止法が施行され、事業主には防止策・対処策の設置が義務化されました。(中小企業は2022年4月より)法の整備により、特にブラック企業などで常態化していたパワハラ(職場内いじ ...

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2021 All Rights Reserved.