年別アーカイブ:2020年

相応の対価 売却 取消しできる?

法改正

【相応の対価で売却した際に取消しできる?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の2)

詐害行為取消権とは、債務者が債権者に返すのが嫌で自らの財産を少なくするために第三者に贈与をする又は、負債を増やして財産を減らすことでした。今回は、例えば、不動産などを適正価格で売ることで、債務者が現金 ...

詐害行為取消請求 2020 民法改正

法改正

【詐害行為取消請求はどのように変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条)

とあるところにいたAさんがBさんにお金を貸しましたが、実はBさんにはそのお金を全く返す気がなく、Cさんにお金を全部贈与してしまい、自らは一文無しで破産手続きを取ってしまったなんてことが起こってしまった ...

債権者代位権 登録 登記 請求権 2020

法改正

【債権者代位権の登録・登記の請求権】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条の7)

423条は今回の改正でも非常に大きく、債権者代位権について扱ってきました。423条の7ではその債権者代位権を使う場合において、登録・登記の請求権の時はどのように考えるのかということを表しています。 & ...

債権者 処分 権限 2020 民法改正

法改正

【債権者代位権と債務者の処分の権限】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条の5)

423条から債権者代位権についての変更点をまとめてきました。今回も新たに新設された条文で、債権者代位権をAさんが行使した際に、債務者BさんとCさんの関係が例えば、非常に仲が良くCさんがAさんに直接では ...

債権者代位権 直接支払い 民法改正 2020

法改正

【債権者代位権の直接支払い】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条の3)

  423条の債権者代位権とは、債務者の持っている権利(被代位権利)を、債権者が代わりに行使することを認めるものでした。 この時に、債権者は債務者の代わりに債権を回収することができますが、債 ...

債権者代位権 民法改正 2020

法改正

【債権者代位権】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条)

OpenClipart-Vectors / Pixabay 債務者が借りたお金を返してくれないなど、契約が履行されない時に、民法では司法の役割として強制執行という債権者の利益を守る方法がありました。債 ...

代償請求権 民法改正 2020 解説

法改正

【新設・代償請求権】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第422条の2)

  以前にも説明した債務の履行が不能の場合において、債権者は本来の給付を受けることはできません。しかし、債務者が債務不履行になったのと同じ理由で、なんらかの利益を得ていたらどうでしょうか。例 ...

債務不履行 法改正 民法 基本 解説 415条

法改正

【債務不履行②】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第415条)

お金を借りたのにも関わらず、お金を返すことができない場合、建物などを差押えされることがあります。これは、お金の貸し借りも法的な契約の1つであり、お金を返すという債務を履行する義務があるため、裁判所が強 ...

履行不能 法改正 民法 2020 概要

法改正

【履行不能とは?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第412条の2)

412条の2は新しく新設された条文です。債務を履行するというのは、例えば、宝石を買ったとすると、金銭を支払って、宝石をもらう権利をもつことになります。お金は払ったが、宝石がもらえないと困ることになりま ...

法定利率 どう変わった 民法改正 2020

法改正

【法定利率はどのように変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(404条)

Tumisu / Pixabay 私たちが、お金を借りる時、利息の支払いがある時があります。この利息を計算する時の割合は利率といいますが、今回は利率についての民法の条文になります。   特に ...

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2020 All Rights Reserved.