月別アーカイブ:2019年08月

no image

各種許認可

「印鑑登録」や「実印作成」を代理で行う方法とは

2019/8/24  

今回は印鑑登録の代理申請のフローを説明致します。役所のホームページを閲覧しても分かりにくいと感じる方はこのフローを見れば簡単に印鑑登録の代理申請が出来ます。   実印の認識 「実印」「認印」 ...

相続

「葬祭費支給申請」とは?知らないと損をする!茨城県龍ヶ崎市の場合

2019/8/24  

国民健康保険に加入している方が亡くなり、葬式・葬儀を行ってから2年間の間に、市役所や区役所等に葬祭費支給の申請をすると、役所からお金が支給されます。   支給される金額は役所によって異なりま ...

no image

相続

遺産分割協議書の「書き方」と「作成」のポイントとは?

2019/8/10  

遺産分割協議書を作成するのには理由があります。例えば被相続人(死亡した人)の銀行口座が死亡によって凍結した場合、遺産分割協議書に基づいて凍結解除の手続きを進めていくことになります。   また ...

令和2年4月1日以降の民法改正「相続」主な改正点・概要

相続 法改正

令和2年4月1日以降の民法改正「相続」主な改正点・概要

2019/8/10  

2019年1月13日施行の自筆証書遺言の方式の緩和等、相続に関する民法の改正が順次行われていきます。主な改正点としては次のようなものが挙げられます。     民法相続に関する主な改 ...

民法 相続 改正 法務局 自筆証書遺言の保管制度

法改正

法務局での自筆証書遺言の保管制度に関する方策の創設について

2019/8/10  

法務局より相続をめぐる紛争を防止する目的に「法務局における遺言書の保管に関する法律」が成立し、令和2年7月10日に施行されます。平成30年7月6日,法務局における遺言書の保管等に関する法律(平成30年 ...

遺留分制度の見直し 相続大改正

法改正

遺留分の見直しについて(民法1042条~1048条)

2019/8/10  

現行制度の下で遺留分減殺請求権の行使が行われた場合、その対象となった相続財産について共有の状態が発生します。共有物は、単独所有物と比較すると処分が困難です。例えば、土地を売却するにも共有所有者の同意の ...

自筆証書遺言の方式の緩和

法改正

自筆証書遺言の方式の緩和(民法968条)

2019/8/10  

自筆証書遺言を作成する場合、すべてを自筆で記す必要があります。財産が多岐にわたり、不動産等の所有が多くある場合など、その不動産の地番等の情報を自筆で正確に記す必要があります。   高齢者がそ ...

配偶者居住権の新設

法改正

配偶者居住権の新設(民法1028条~1036条)

2019/8/10  

配偶者が居住建物を取得する場合には、法定相続分がそれだけでいっぱいとなってしまい、他の現金などの財産を受け取れなくなってしまう場合があります。   そこで、配偶者居住権という新しい権利を創設 ...

遺言執行者の権限の明確化民法

法改正

遺言執行者の権限の明確化民法(1007条~1016条)

2019/8/10  

遺言執行者の条文で大きく変わったのは、1015条である、「遺言執行者は相続人の代理人とみなす」という規定が消えたことだと思います。     遺言執行者に係る条文参照 第1007条~ ...

特別寄与分 相続人以外 貢献

法改正

特別寄与分として相続人以外の者の貢献を考慮するための方策(民法1050条)

2019/8/10  

今回新設された新ルールです。被相続人に対して、生前に療養看護その他の労務の提供を無償で行い、被相続人の財産の維持又は増加に特別に寄与した人に対して、相続時にその寄与に報いる規定はありましたが、その対象 ...

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2019 All Rights Reserved.