法改正

【意思表示②】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

意思表示 民法改正 基本 要所 契約

 

 

民法98条 第2項

私たちは日々、契約行為を交わして生きています。買い物に行くと、「売買契約」、病院で診療を受ければ「診療契約」といった具合に、意識はしませんが全ては契約行為なのです。

それでは、全ての人が契約行為を自由に行えるのでしょうか?

 

今回は第98条第2項の改正ポイントについて解説します。

 

民法98条とは?

民法の98条は第1項が「公示による意思表示」、第2項が「意思表示の受領能力」について示しています。意思表示について示された条文です。

 

意思表示というのは、「買いたい」、「売りたい」といった契約行為につながる一定の法律効果をもった、意思の表明です。

公示というのは、公衆が知ることができる状態にすること、例えば、債権の譲渡登記などがこれにあたります。

 

しかし、第1項は今回の改正では変更されていないため、解説はしません。

 

 

民法98条の新旧比較

 意思表示の相手方がその意思表示を受けた時に未成年者又は成年被後見人であったときは、その意思表示をもってその相手方に対抗することができない。ただし、その法定代理人がその意思表示を知った後は、この限りでない。

 意思表示の相手方がその意思表示を受けた時に意思能力を有しなかったとき又は未成年者若しくは成年被後見人であったときは、その意思表示をもってその相手方に対抗することができない。ただし、次に掲げる者がその意思表示を知った後は、この限りでない。

 

一 相手方の法定代理人

二 意思能力を回復し、又は行為能力者となった相手方

 

民法98条は意思表示を受け取ることが出来る人は、全ての人間ではないことを表しています。

 

 

今回の改正では、従来の意思表示を受けることができない人(未成年者と成年被後見人)に加えて、意思能力を喪失した人が適用され範囲を拡大させています。また、未成年者と成年被後見人、意思能力を喪失人に対して、意思表示をしたとしても例外として、法廷代理人や意思能力を回復した場合は表意者の意思表示を受領できると定められています。

 

 

事例1、成年被後見人に意思表示をした場合

改正民法98条では、意思表示を受領できない人として、未成年者・成年被後見人と、意思能力を喪失した人の2種類をあげています。

 

どちらも、意思表示の内容を十分理解できないと考えられるため、保護が必要と考えられます。

 

法定代理人というのは、判断能力が十分ではない人たち(未成年者や成年被後見人)などに対して、代理で法律行為をする人のことです。例えば、小さな子どもが怪しい訪問販売の電話を受けてしまい、了承をしてしまったとしても、小さな子どもには意思表示を受け取る能力がないと考えられるのです。

 

そのため、法定代理人のというのは、子どもの場合(未成年者)は親権者(親など親権をもつ者)や未成年後見人、成年被後見人の場合は成年後見人が法定代理人になります。

成年被後見人というのは、例えば、認知症の人や重篤な精神疾患があり判断能力が十分でないと考えられる場合、成年後見人をつけることができます。

 

わかりやすく図のようにすると次のようになります。

表意者Bさんと成年被後見人Aさんの間だけでのやり取りでは、契約行為は取り消せることができます。しかし、例外として法定代理人Cさんが意思表示を知れば、意思表示として成り立ちます。その後Cさんの同意を得れば、契約は成り立つことになります。

 

 

事例2、意思能力を喪失した人の場合

意思能力を喪失した状態というのは、精神疾患や幼児、認知症、泥酔者が考えられます。例えば、本人が意識を完全に記憶がない酔った席での契約行為を考えてみましょう

 

お酒にとても弱くすぐに泥酔状態になってしまったAさんがいたとします。意思能力を喪失した状態というのは、その意思表示をした時に意思能力があったかどうかが問題となります。

Aさんは気を付けていたのですが、飲み会で泥酔状態となってしまいました。何人かで飲んでいたためAさんが泥酔状態であったのは明白です。この時に、一緒に飲んでいた1人Bが、呂律も怪しいAさんに車を買う契約を交わしたとします。

 

例えば、このような時においてBの意思表示は効果がありません。ただし、次の日泥酔状態から回復し、改めて契約を結んだのであれば、もちろん効力を発揮します

 

極端なれ事例として泥酔状態の場合をあげましたが、泥酔状態であることを証明できるかどうかが難しいので、お酒の席でのトラブルでお困りの時は弁護士に相談するのをお勧めします。

 

 

まとめ

意思表示を受け取る能力は、未成年者と成年被後見人、意思能力喪失者の三種類の場合を除いて、誰でも受領することができます。未成年者と成年被後見人が契約のどの部分を制限されているのかは民法の別の条文で示されています。また、今回の改正で意思能力喪失者という文言が追加されました。

 

これにおいて、泥酔状態などの不利な取引にも対応しやすくなりましたが、難しい問題に発展する場合もありますので、お酒の席で正常な判断ができない状態を作るのは避けた方がいいでしょう。

 

 

その他の民法改正

法改正

2020/12/26

【連帯債務者の一人による相殺等】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第439条)

    このページで分かる事439条1項のポイント439条2項、相殺は他の連帯債務者が勝手にできる?まとめ 〔改正前民法〕 (連帯債務者の一人による相殺等) 第436条 1 連帯債務者の一人が債権者に対して債権を有する場合において、その連帯債務者が相殺を援用したときは、債権は、すべての連帯債務者の利益のために消滅する。 2 前項の債権を有する連帯債務者が相殺を援用しない間は、その連帯債務者の負担部分についてのみ他の連帯債務者が相殺を援用することができる。 ⇩ 【改正後民法】 (連帯債務者の一人に ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【詐害行為取消権の期間の制限】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第426条)

 詐害行為取消請求に関する最後の条文が426条になります。詐害行為取消権が使える期間について書かれている条文です。無制限に過去の詐害行為を取消できるわけではないということですね。 今回は、詐害行為取消ができる期間について解説します。   このページで分かる事426条の条文の変化変更のポイント時効の消滅ではなくなった転得者がいる場合はどうなるのかまとめ 426条の条文の変化 【改正前民法】 (詐害行為取消権の期間の制限) 第426条  第424条の規定による取消権は、債権者が取消しの原因を知った時 ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【詐害行為取消請求を受けた転得者の権利】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第425条の4)

今回の改正で、詐害行為に関する内容は大幅に増えましたが425条の2と3では、詐害行為として取消された後の、受益者の権利について書かれていました。 受益者からさらに、贈与などを受けた人で、債権者を害する行為だと知っている人を転得者と言いました。この転得者にも受益者同様の不利益が起こることが考えられるため、転得者にも同様の権利があるのでしょうか。   解説していきたいと思います。   このページで分かる事425条の4の条文転得者の権利とは財産の処分に関する行為での転得者の権利債務の消滅に関する行為で ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【受益者の債権の回復】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第425条の3)

 詐害行為は債務を抱える債務者が、債権者に返すことができないのに、資産を隠したり減らしたりするために、他人(受益者)に贈与したり、不当に安く売ったりすることでした。これらを取消すことで、債務者の財産を回復させ、債権者が取り立てることができるようにするものでしたが、受益者が債務者に対して債権を持っていた場合はどうでしょうか。   今回は受益者の債務者に対する債権について解説します。     425条の3の条文 (受益者の債権の回復) 第425条の3  債務者がした債務の消滅に関 ...

ReadMore

詐害行為取消請求 2020 民法改正

法改正

2020/12/26

【債務者の受けた反対給付に関する受益者の権利】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第425条の2)

425条の2では詐害行為の取消が行われた後の、受益者の権利について書かれています。詐害行為取消請求では、債務者が自分の資産を隠したり減らしたりするために、第三者(受益者)に資産をあげてしまうようなことでした。この時に、受益者が悪意(債権者を害すると知っている)がある必要がありました。   では、この詐害行為を取消したら全て綺麗に解決でしょうか。今回は受益者にある権利について解説していきます。   このページで分かる事425条の2の条文反対給付の返還とはH2 価額の償還の場合請求できない ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【許容判決の効力が及ぶ者の範囲】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第425条)

 425条では、詐害行為取消請求の裁判の結果が、誰に効力を及ぼすのかという点について書かれています。普通の民事訴訟の場合は、当事者にしか効力を及びませんが、詐害行為の取消の場合は、誰に効力が及ぶのでしょうか。 解説していきたいと思います。     このページで分かる事425条の条文425条のポイント債務者が入った理由まとめ 425条の条文 425条は改正前から重要な文言が取り入れられた条文になります。   【改正前民法】 (詐害行為の取消しの効果) 第425条  前条の規定に ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【債権者への支払又は引渡し】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の9)

新設された詐害行為取消請求の最後の条文になります。 詐害行為取消請求では、債務者の詐害行為を取消することができました。しかし、詐害行為の取消は、あくまで債務者の責任財産を回復させることが目的なので、そのまま考えると取消をした、金銭などの贈与は債務者に返還されてしまうような気がします。 債権者は直接自分に引き渡すように請求することはできるのでしょうか。解説していきたいと思います。   このページで分かる事424条の9の条文424条の9のポイント詐害行為の種類不動産の場合債権の譲渡や債務の免除の場合 ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【詐害行為取消の範囲】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の8)

424条は詐害行為取消について記述されていました。この条文では詐害行為であれば取消の請求ができるというものです。では、詐害行為と認められれば無制限に取消が可能なのでしょうか。限界はあるのでしょうか。解説していきたいと思います。     424条の8の条文 (詐害行為の取消しの範囲) 第424条の8 1 債権者は、詐害行為取消請求をする場合において、債務者がした行為の目的が可分であるときは、自己の債権の額の限度においてのみ、その行為の取消しを請求することができる。 2 債権者が第424条 ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【詐害行為取消請求の訴訟告知と被告】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の7)

424条の6でも確認したように、詐害行為取消請求では、裁判をする必要があります。この場合民事裁判になりますが、誰を被告とするのでしょうか。 債務者や受益者、転得者がいる場合各所全てを被告にする必要があるのでしょうか。解説していきたいと思います。     このページで分かる事424条の7の条文改正ポイント訴訟告知とはまとめ 424条の7の条文 第424条の7 1 詐害行為取消請求に係る訴えについては、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定める者を被告とする。 一 受益者に対する ...

ReadMore





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

よく読まれています

no image 1

    このページで分かる事出張料出張料業務別報酬一覧相続手続き建設業産業廃棄物処理業介護事業障がい児支援飲食業・風俗営業酒類販売運送業在留許可・ビザ自動車登録・車庫証明 出張料 出張料 場所 日当 ...

no image 2

  対応地域内なら何処でも伺います フットワークの軽さに定評のある「増野行政書士事務所」です。対応地域なら全域無料でご相談にお伺いいたします。   茨城県対応地域 龍ヶ崎市、取手市 ...

退職 嫌がらせ パワハラ セクハラ 退職代行 3

Wokandapix / Pixabay     社内で上司のパワハラを受けていた、嫌がらせを受けていた、そのような状況で退職を決意したのであればそれは自己都合の退職ではありません ...

189 児童相談ダイヤル 4

年々増加し続けている児童虐待、近年その虐待件数はスピードを増し平成29年度統計速報で過去最悪の最多件数133,778件となっています。   平成29年度 児童相談所での児童虐待相談対応件数< ...

-法改正
-

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2021 All Rights Reserved.