法改正

【自己契約・双方代理】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

自己契約 双方代理 民法改正 2020 4月

改正民法 第108条 【自己契約・双方代理】について

 

自己契約とは本人の代理人が本人の相手方となり、双方代理とは当事者双方の代理人となる場合を意味しますが、人物が絡み合うため非常に複雑な問題を引き起こします。

今回は自己契約と双方代理について改正ポイントを詳しく解説します。

 

自己契約とは?

自己契約とは代理人が自ら本人を代理し、本人と契約することですが、言葉の遊びのようで非常に分かりにくいです。例を挙げて解説します。

 

例えば、Aさん(本人)が、Bさんに土地を売却する代理権を与えます。

この時BさんはAさんの代理人といいます。しかし、Bさんは、他の人に売らずに自分がAさんの土地が欲しかったためBさんが買ってしまいます。これが自己契約です。

Bさんは代理人として値段を調整できる状態なのでAさんは不利になる可能性があります。よって、不利益にならないよう第108条があるのです。

 

 

双方代理とは?

双方代理とは、例えば、土地を売りたいAさんがCさんに代理人として土地の売却を依頼します。また別の日には、土地を買いたいBさんがCさんに代理人として、土地の購入を依頼します。Cさんは2人の代理人となっているのですが、ここでCさんがAさんの土地をBさんに売った場合が、双方代理と呼ばれる状態です。

 

この場合どちらの代理人でもあるCさんがAさんBさんの売買価格をコントロールできてしまうため、不利益を被る可能性があります。

 

自己契約と同様にこの場合においても第108条が規定しています。

 

 

第108条の新旧比較

第108条 同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

第108条 

1 同一の法律行為について、相手方の代理人として、又は当事者双方の代理人としてした行為は、代理権を有しない者がした行為とみなす。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

2 前項本文に規定するもののほか、代理人と本人との利益が相反する行為については、代理権を有しない者がした行為とみなす。ただし、本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

 

旧民法において、自己契約と双方代理はすることができない(禁止)となっていました。しかし、改正民法では「代理権を有しないものがした行為」(無権代理行為)とみなされることになりました。

 

ただし、例外として新旧どちらとも、債務の履行やあらかじめ許諾した場合においては除外されています。また、第2項が新設され、自己契約と双方代理以外の、利益相反行為についても無権代理行為とみなされることになりました。

 

無権代理行為とは?

無権代理とは、代理権を有していない者が勝手に代理人として振る舞っているという状態を表します。無権代理行為と認められる場合、代理人をたてた人(本人)は代理人がした契約を追認(認める)か追認拒否(認めない)かを決めることが出来ます。

 

つまり、自己契約の場合、本人Aさんが代理人Bさんに売ってもいいよと思えば、売ることもできますし、拒否することもできます。双方代理の場合、A、Bさん共に追認すれば契約が成り立ちます。拒否すれば成り立ちません。

 

上の図のように、代理人が無権代理となってしまえば、自己契約の場合は一度拒否をしてから売る値段を交渉し、普通の売買契約という形にもできます。双方代理であれば、代理人を通さずABが直接契約することも可能です。

 

 

利益相反行為とは?

利益相反行為というのは、ある一方が利益を得て、他方が不利益をとなる状態です。先ほどの自己契約や双方代理は利益相反行為の一種です。他にも例えば、遺産分割において、子どもから見た父親がなくなったとします。

子どもはまだ未成年者であるとすると、法定代理人として母親が親権者になります。しかし、父親が亡くなった場合の遺産分割は、配偶者(母親)と子どもの両方に分割されるので、母親が子どもの代理人になってしまうと、子ども不利益と可能性があります。そのため、遺産分割において、配偶者が子どもの代理人をすることも利益相反行為とされています。

 

旧民法では、利益相反行為についての規定がなく、自己契約や双方代理といった個別の場合のみが書かれていましたが、今回の改正を得てそれ以外の利益相反行為についても適用されることが示されました。

 

 

まとめ

自己契約や双方代理といった利益相反行為は名前こそ難しいですが、起こりえる問題です。代理人を立てる時に、自分が不利益を被ることがないように、自己契約や双方代理があるような文言がある代理人に依頼しないことが必要になります。そのためにも、自己契約や双方代理がどのような行為なのかを知る必要があります。

 

代理人を依頼する時の契約書を読む際に気を付け、トラブルが起こった際には弁護士に相談をすることも大切なことです。

 

 

その他の民法改正

法改正

2021/2/2

【債権の譲渡の対抗要件】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第467条)

466条では一貫して債権の譲渡について解説してきました。特に、債務者の保護を目指して、債権の譲渡に債務者が反対の意思表示をする場合の規定が多数ありました。今回、467条では、債権の譲渡を債務者に対抗するための要件を詳しく解説していきます。     このページで分かる事467条の条文の変化指名債権とは対抗要件とは第三者の対抗要件確定日付のある証書とはまとめ 467条の条文の変化 【改正前民法】 (指名債権の譲渡の対抗要件) 第467条 1 指名債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、又は ...

ReadMore

no image

法改正

2021/2/2

【債権の譲渡における債務者の抗弁】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第468条)

債権の譲渡については468条で最後の条文になります。最後は債権の譲渡に対して、債務者が抗弁できる場合をまとめた条文になります。改正前と比べて大きく変わったため、今回は改正ポイントを重点的に債務者の対抗を解説していきます。     このページで分かる事468条の条文の変化抗弁権の切断規定を削除対抗要件具備時とは468条2項のポイント466条の3の場合まとめ 468条の条文の変化 【改正前民法】 (指名債権の譲渡における債務者の抗弁) 第468条 1 債務者が異議をとどめないで前条の承諾を ...

ReadMore

no image

法改正

2021/2/2

【将来債権の譲渡性】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第466条の6)

将来債権という、将来発生するだろうという債権があります。この将来債権も譲渡することができます。今回は未来の債権についての基本ルールと、譲渡の制限の意思表示がある場合を解説していきます。     このページで分かる事466条の6の条文将来債権とは対抗要件具備時 まとめ 466条の6の条文 【改正後民法】 (将来債権の譲渡性) 第466条の6 1 債権の譲渡は、その意思表示の時に債権が現に発生していることを要しない。 2 債権が譲渡された場合において、その意思表示の時に債権が現に発生してい ...

ReadMore

no image

法改正

2021/2/2

【譲渡制限の意思表示がされた債権に係る債務者の供託】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第466条の2)

466条では債権の譲渡についての基本ルールと、債務者が反対した場合のルールについて、明確にされていました。次なる466条の2では債務者が反対した場合の「供託」について定めてあります。この記事では「供託」について詳しく解説していきます。     このページで分かる事466条の2の条文供託とは債務者が債権の譲渡に反対した場合の供託供託できる場所供託できる相手は譲受人だけまとめ 466条の2の条文 (譲渡制限の意思表示がされた債権に係る債務者の供託) 第466条の2 1 債務者は、譲渡制限の ...

ReadMore

未分類

2021/2/2

【譲渡制限の意思表示がされた債権の差押え】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第466条の4)

債権者は別の人に債権の譲渡をすることができ、債務者はそれを制限することができないというのが基本原則でした。しかし、債務者が反対した場合、債権をもらった人(譲受人)に債務の履行をしなくてもいいというルールがありました。ではもし、譲受人が強制執行をされ債権の差押えをされた場合はどうなるのでしょうか。今回は債権を差押えられた時を解説します。     このページで分かる事466条の4の条文債権者が別の債権者に強制執行される場合強制執行でも債務の履行をしなくてもいい場合まとめ 466条の4の条文 ...

ReadMore

no image

法改正

2021/2/2

【預金債権又は貯金債権に係る譲渡制限の意思表示の効力】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第466条の5)

 債権には預金債権や貯金債権と呼ばれるものがあります。466条では債権の譲渡についての基本ルールを定めていましたが、ここでは、特殊な債権の譲渡とそれを制限する意思表示ができるのかについて解説していきたいと思います。   このページで分かる事466条の5の条文預貯金債権とは預貯金債権は譲渡を制限できる?預貯金債権だけなぜ制限できるのか差押えは可能まとめ 466条の5の条文 【改正後民法】 (預金債権又は貯金債権に係る譲渡制限の意思表示の効力) 第466条の5 1 預金口座又は貯金口座に係る預金又は ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【連帯債務者の一人による相殺等】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第439条)

    このページで分かる事439条1項のポイント439条2項、相殺は他の連帯債務者が勝手にできる?まとめ 〔改正前民法〕 (連帯債務者の一人による相殺等) 第436条 1 連帯債務者の一人が債権者に対して債権を有する場合において、その連帯債務者が相殺を援用したときは、債権は、すべての連帯債務者の利益のために消滅する。 2 前項の債権を有する連帯債務者が相殺を援用しない間は、その連帯債務者の負担部分についてのみ他の連帯債務者が相殺を援用することができる。 ⇩ 【改正後民法】 (連帯債務者の一人に ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【詐害行為取消権の期間の制限】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第426条)

 詐害行為取消請求に関する最後の条文が426条になります。詐害行為取消権が使える期間について書かれている条文です。無制限に過去の詐害行為を取消できるわけではないということですね。 今回は、詐害行為取消ができる期間について解説します。   このページで分かる事426条の条文の変化変更のポイント時効の消滅ではなくなった転得者がいる場合はどうなるのかまとめ 426条の条文の変化 【改正前民法】 (詐害行為取消権の期間の制限) 第426条  第424条の規定による取消権は、債権者が取消しの原因を知った時 ...

ReadMore

法改正

2020/12/26

【詐害行為取消請求を受けた転得者の権利】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第425条の4)

今回の改正で、詐害行為に関する内容は大幅に増えましたが425条の2と3では、詐害行為として取消された後の、受益者の権利について書かれていました。 受益者からさらに、贈与などを受けた人で、債権者を害する行為だと知っている人を転得者と言いました。この転得者にも受益者同様の不利益が起こることが考えられるため、転得者にも同様の権利があるのでしょうか。   解説していきたいと思います。   このページで分かる事425条の4の条文転得者の権利とは財産の処分に関する行為での転得者の権利債務の消滅に関する行為で ...

ReadMore





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

よく読まれています

no image 1

    このページで分かる事出張料出張料業務別報酬一覧相続手続き建設業産業廃棄物処理業介護事業障がい児支援飲食業・風俗営業酒類販売運送業在留許可・ビザ自動車登録・車庫証明 出張料 出張料 場所 日当 ...

no image 2

  対応地域内なら何処でも伺います フットワークの軽さに定評のある「増野行政書士事務所」です。対応地域なら全域無料でご相談にお伺いいたします。   茨城県対応地域 龍ヶ崎市、取手市 ...

退職 嫌がらせ パワハラ セクハラ 退職代行 3

Wokandapix / Pixabay     社内で上司のパワハラを受けていた、嫌がらせを受けていた、そのような状況で退職を決意したのであればそれは自己都合の退職ではありません ...

189 児童相談ダイヤル 4

年々増加し続けている児童虐待、近年その虐待件数はスピードを増し平成29年度統計速報で過去最悪の最多件数133,778件となっています。   平成29年度 児童相談所での児童虐待相談対応件数< ...

-法改正
-

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2021 All Rights Reserved.