法改正

【自己契約・双方代理】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

自己契約 双方代理 民法改正 2020 4月

改正民法 第108条 【自己契約・双方代理】について

 

自己契約とは本人の代理人が本人の相手方となり、双方代理とは当事者双方の代理人となる場合を意味しますが、人物が絡み合うため非常に複雑な問題を引き起こします。

今回は自己契約と双方代理について改正ポイントを詳しく解説します。

 

自己契約とは?

自己契約とは代理人が自ら本人を代理し、本人と契約することですが、言葉の遊びのようで非常に分かりにくいです。例を挙げて解説します。

 

例えば、Aさん(本人)が、Bさんに土地を売却する代理権を与えます。

この時BさんはAさんの代理人といいます。しかし、Bさんは、他の人に売らずに自分がAさんの土地が欲しかったためBさんが買ってしまいます。これが自己契約です。

Bさんは代理人として値段を調整できる状態なのでAさんは不利になる可能性があります。よって、不利益にならないよう第108条があるのです。

 

 

双方代理とは?

双方代理とは、例えば、土地を売りたいAさんがCさんに代理人として土地の売却を依頼します。また別の日には、土地を買いたいBさんがCさんに代理人として、土地の購入を依頼します。Cさんは2人の代理人となっているのですが、ここでCさんがAさんの土地をBさんに売った場合が、双方代理と呼ばれる状態です。

 

この場合どちらの代理人でもあるCさんがAさんBさんの売買価格をコントロールできてしまうため、不利益を被る可能性があります。

 

自己契約と同様にこの場合においても第108条が規定しています。

 

 

第108条の新旧比較

第108条 同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

第108条 

1 同一の法律行為について、相手方の代理人として、又は当事者双方の代理人としてした行為は、代理権を有しない者がした行為とみなす。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

2 前項本文に規定するもののほか、代理人と本人との利益が相反する行為については、代理権を有しない者がした行為とみなす。ただし、本人があらかじめ許諾した行為については、この限りでない。

 

旧民法において、自己契約と双方代理はすることができない(禁止)となっていました。しかし、改正民法では「代理権を有しないものがした行為」(無権代理行為)とみなされることになりました。

 

ただし、例外として新旧どちらとも、債務の履行やあらかじめ許諾した場合においては除外されています。また、第2項が新設され、自己契約と双方代理以外の、利益相反行為についても無権代理行為とみなされることになりました。

 

無権代理行為とは?

無権代理とは、代理権を有していない者が勝手に代理人として振る舞っているという状態を表します。無権代理行為と認められる場合、代理人をたてた人(本人)は代理人がした契約を追認(認める)か追認拒否(認めない)かを決めることが出来ます。

 

つまり、自己契約の場合、本人Aさんが代理人Bさんに売ってもいいよと思えば、売ることもできますし、拒否することもできます。双方代理の場合、A、Bさん共に追認すれば契約が成り立ちます。拒否すれば成り立ちません。

 

上の図のように、代理人が無権代理となってしまえば、自己契約の場合は一度拒否をしてから売る値段を交渉し、普通の売買契約という形にもできます。双方代理であれば、代理人を通さずABが直接契約することも可能です。

 

 

利益相反行為とは?

利益相反行為というのは、ある一方が利益を得て、他方が不利益をとなる状態です。先ほどの自己契約や双方代理は利益相反行為の一種です。他にも例えば、遺産分割において、子どもから見た父親がなくなったとします。

子どもはまだ未成年者であるとすると、法定代理人として母親が親権者になります。しかし、父親が亡くなった場合の遺産分割は、配偶者(母親)と子どもの両方に分割されるので、母親が子どもの代理人になってしまうと、子ども不利益と可能性があります。そのため、遺産分割において、配偶者が子どもの代理人をすることも利益相反行為とされています。

 

旧民法では、利益相反行為についての規定がなく、自己契約や双方代理といった個別の場合のみが書かれていましたが、今回の改正を得てそれ以外の利益相反行為についても適用されることが示されました。

 

 

まとめ

自己契約や双方代理といった利益相反行為は名前こそ難しいですが、起こりえる問題です。代理人を立てる時に、自分が不利益を被ることがないように、自己契約や双方代理があるような文言がある代理人に依頼しないことが必要になります。そのためにも、自己契約や双方代理がどのような行為なのかを知る必要があります。

 

代理人を依頼する時の契約書を読む際に気を付け、トラブルが起こった際には弁護士に相談をすることも大切なことです。

 

 

その他の民法改正

転得者 対する 詐害行為 取消請求 民法改正

法改正

2020/10/10

【転得者に対する詐害行為取消請求】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の5)

詐害行為取消請求は、もう強制執行間近な債務を抱えている債務者が財産を減らそうと他人に贈与したりする場合に取消ができるというものでした。今回はその財産を受け取った人(受益者)がまた、他の人に贈与してしまった場合というのは、詐害行為取消請求ができるのだろうかという問題になります。   このページで分かる事第424条の5の条文424条の5のポイント旧法、判例との変更ポイントまとめ 第424条の5の条文 第424条の5  債権者は、受益者に対して詐害行為取消請求をすることができる場合において、受益者に移 ...

ReadMore

no image

法改正

2020/10/10

【複数の債務を請け負っている場合は?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の3)

複数の債権者からお金を貸してもらっている債務者がいたとします。この債務者が特定の債権者にだけ弁済行為(お金を返す)ということをした場合、負債を返しただけですので問題がないような気がします。しかし、例えば、特定の債権者にだけ返して破産手続きなどをされると、他の債権者が困ることになります。   今回は、複数の債務を抱えている債務者に対して、詐害行為取消権が使える場合を解説します。   このページで分かる事第423条の3の条文423条の3の1項のポイント424条の3の2項のポイントまとめ 第 ...

ReadMore

相応の対価 売却 取消しできる?

法改正

2020/10/10

【相応の対価で売却した際に取消しできる?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の2)

詐害行為取消権とは、債務者が債権者に返すのが嫌で自らの財産を少なくするために第三者に贈与をする又は、負債を増やして財産を減らすことでした。今回は、例えば、不動産などを適正価格で売ることで、債務者が現金に換えるといった場合に取消しができるのだろうかということになります。   素直に考えると、不動産を適正価格で売れば財産は減っていないため、問題がないように見えますが、取消しできる場合があるのかどうかということを解説していきたいと思います。   このページで分かる事第424条の2の条文相応の ...

ReadMore

詐害行為取消請求 2020 民法改正

法改正

2020/10/10

【詐害行為取消請求はどのように変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条)

とあるところにいたAさんがBさんにお金を貸しましたが、実はBさんにはそのお金を全く返す気がなく、Cさんにお金を全部贈与してしまい、自らは一文無しで破産手続きを取ってしまったなんてことが起こってしまったらどうでしょうか。 お金を貸したAさんが大損してしまうのでしょうか?今回、424条では詐害行為取消請求という、Cさんへの贈与が取り消しできるという場合について解説していきます。   このページで分かる事424条、条文の変化424条のポイント詐害行為とは具体的になぜダメなのか詐害行為取消権の行使の仕方 ...

ReadMore

債権者代位権 登録 登記 請求権 2020

法改正

2020/10/10

【債権者代位権の登録・登記の請求権】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条の7)

423条は今回の改正でも非常に大きく、債権者代位権について扱ってきました。423条の7ではその債権者代位権を使う場合において、登録・登記の請求権の時はどのように考えるのかということを表しています。   423条の3では動産や金銭は直接請求ができるとありましたが、不動産の請求権については書いてありませんでした。登記や登録とは何なのか基本的なところから423条の7について解説していきます。   このページで分かる事423条の7の条文登記(登録)手続きをする請求権とは423条の7は誰に請求を ...

ReadMore

債権者 処分 権限 2020 民法改正

法改正

2020/10/10

【債権者代位権と債務者の処分の権限】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条の5)

423条から債権者代位権についての変更点をまとめてきました。今回も新たに新設された条文で、債権者代位権をAさんが行使した際に、債務者BさんとCさんの関係が例えば、非常に仲が良くCさんがAさんに直接ではなくBさんに返すということを拘ったらどうなるのでしょうか。   今回は、CさんがBさんに債権を履行することができるのか、またBさんはその債権をどのように扱えるのかを解説していきます。   このページで分かる事423条の5の条文423条の5のポイントまとめ 423条の5の条文 第423条の5 ...

ReadMore

債権者代位権 直接支払い 民法改正 2020

法改正

2020/10/10

【債権者代位権の直接支払い】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条の3)

  423条の債権者代位権とは、債務者の持っている権利(被代位権利)を、債権者が代わりに行使することを認めるものでした。 この時に、債権者は債務者の代わりに債権を回収することができますが、債権者に直接支払ってもらうのか、債務者に支払えといえるだけのものなのかによって大きく変わってきます。今回は債権者代位権についてより詳しく解説していきたいと思います。   このページで分かる事423条の3の条文423条の3のポイント金銭と動産以外の場合は?まとめ 423条の3の条文   第42 ...

ReadMore

債権者代位権 民法改正 2020

法改正

2020/10/10

【債権者代位権】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条)

OpenClipart-Vectors / Pixabay 債務者が借りたお金を返してくれないなど、契約が履行されない時に、民法では司法の役割として強制執行という債権者の利益を守る方法がありました。債権者代位権という考え方も、同じように、債権者の利益を守るための方法の1つになります。 それでは、改正ポイントと債権者代位権の考え方を見ていきます。   このページで分かる事民法の条文新旧比較債権者代位権とは423条の改正ポイント保全の必要性とは被代位権利と被代位権利が使えない時とは?裁判上の代位と債 ...

ReadMore

代償請求権 民法改正 2020 解説

法改正

2020/10/10

【新設・代償請求権】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第422条の2)

  以前にも説明した債務の履行が不能の場合において、債権者は本来の給付を受けることはできません。しかし、債務者が債務不履行になったのと同じ理由で、なんらかの利益を得ていたらどうでしょうか。例えば、乗っていた船が沈没し、債務履行するはずであった宝石が海の底に、しかし船が沈没した損害賠償で債務者が利益を受けていた場合はどうなるのでしょうか。   今回は、新設された、代償請求権について解説します。 このページで分かる事422条の2の条文は代償請求権のポイント新民法は帰責事由が関係ない?まとめ ...

ReadMore





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

-法改正
-

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2020 All Rights Reserved.