法改正

遺留分の見直しについて(民法1042条~1048条)

2019年8月13日

現行制度の下で遺留分減殺請求権の行使が行われた場合、その対象となった相続財産について共有の状態が発生します。共有物は、単独所有物と比較すると処分が困難です。例えば、土地を売却するにも共有所有者の同意の署名、押印が必要で、共有者の同意が得られなければ売却は出来ません。

 

 

遺留分減殺請求によって生ずる共有状態は、通常、被相続人の意思とは異なる内容の共有状態になるわけです。例えば、事業用の土地などを長男に承継させたいのに、次男が遺留分減殺請求を行い、その相続する事業用の土地が長男と次男の共有名義となってしまっては、その土地を売却するにも、賃借するにも、その事業に携わっていない次男の同意が必要となり、タイムリーな事業展開の妨げになってしまいます。

 

そこで今回の改正により、遺留分減殺請求は金銭で全て行えるよう改正されます

 

 

改正後遺留分関係 参照条文

遺留分の帰属及びその割合

第1042条

1 兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次条第一項に規定する遺留分を算定するための財産の価額に、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合を乗じた額を受ける。

 一 直系尊属のみが相続人である場合:三分の一

 二 前号に掲げる場合以外の場合:二分の一

2 相続人が数人ある場合には、前項各号に定める割合は、これらに第900条及び第901条の規定により算定したその各自の相続分を乗じた割合とする。

 

 

遺留分を算定するための財産の価額

第1043条

1 遺留分を算定するための財産の価額は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除した額とする。

2 条件付きの権利又は存続期間の不確定な権利は、家庭裁判所が選任した鑑定人の評価に従って、その価格を定める。

 

 

第1044条

1 贈与は、相続開始前の一年間にしたものに限り、前条の規定によりその価額を算入する。当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたときは、一年前の日より前にしたものについても、同様とする。

2 第904条の規定は、前項に規定する贈与の価額について準用する。

3 相続人に対する贈与についての第一項の規定の適用については、同項中「一年」とあるのは「十年」と、「価額」とあるのは「価額(婚姻若しくは養子縁組のため又は生計の資本として受けた贈与の価額に限る。)」とする。

 

 

第1045条

1 負担付贈与がされた場合における第1043条第1項に規定する贈与した財産の価額は、その目的の価額から負担の価額を控除した額とする。

2 不相当な対価をもってした有償行為は、当事者双方が遺留分権利者に損害を与えることを知ってしたものに限り、当該対価を負担の価額とする負担付贈与とみなす。

 

 

 

遺留分侵害額の請求

第1046条

1 遺留分権利者及びその承継人は、受遺者(特定財産承継遺言により財産を承継し又は相続分の指定を受けた相続人を含む。以下この章において同じ。)又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる。

2 遺留分侵害額は、第1042条の規定による遺留分から第一号及び第二号に掲げる額を控除し、これに第三号に掲げる額を加算して算定する。

 一 遺留分権利者が受けた遺贈又は第903条第一項に規定する贈与の価額

 二 第900条から第902条まで、第903条及び第904条の規定により算定した相続分に応じて遺留分権利者が取得すべき遺産の価額

 三 被相続人が相続開始の時において有した債務のうち、第899条の規定により遺留分権利者が承継する債務(次条第三項において「遺留分権利者承継債務」という。)の額

 

 

受遺者又は受贈者の負担額

第1047条

1 受遺者又は受贈者は、次の各号の定めるところに従い、遺贈(特定財産承継遺言による財産の承継又は相続分の指定による遺産の取得を含む。以下この章において同じ。)又は贈与(遺留分を算定するための財産の価額に算入されるものに限る。以下この章において同じ。)の目的の価額(受遺者又は受贈者が相続人である場合にあっては、当該価額から第1042条の規定による遺留分として当該相続人が受けるべき額を控除した額)を限度として、遺留分侵害額を負担する。

 一 受遺者と受贈者とがあるときは、受遺者が先に負担する。

 二 受遺者が複数あるとき、又は受贈者が複数ある場合においてその贈与が同時にされたものであるときは、受遺者又は受贈者がその目的の価額の割合に応じて負担する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

 三 受贈者が複数あるとき(前号に規定する場合を除く。)は、後の贈与に係る受贈者から順次前の贈与に係る受贈者が負担する。

2 第904条、第1043条第2項及び第1045条の規定は、前項に規定する遺贈又は贈与の目的の価額について準用する。

3 前条第1項の請求を受けた受遺者又は受贈者は、遺留分権利者承継債務について弁済その他の債務を消滅させる行為をしたときは、消滅した債務の額の限度において、遺留分権利者に対する意思表示によって第一項の規定により負担する債務を消滅させることができる。この場合において、当該行為によって遺留分権利者に対して取得した求償権は、消滅した当該債務の額の限度において消滅する。

4 受遺者又は受贈者の無資力によって生じた損失は、遺留分権利者の負担に帰する。

5 裁判所は、受遺者又は受贈者の請求により、第一項の規定により負担する債務の全部又は一部の支払につき相当の期限を許与することができる。

 

 

遺留分侵害額請求権の期間の制限

第1048条

遺留分侵害額の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。

 

遺留分に関する改正の要点

・遺留分減殺請求は『現物』ではなく、『金銭』で全てやり取りできるようになった。

※今までは遺留分減殺請求の行使によって、物権的効果が発生するとされていましたが、これを債権へ変更しました。(金銭の請求権に変更)

・受遺者の請求により、裁判所が金銭債務の全部又は一部の支払いにつき期限を許与する事が出来るようになりました。

 

 

 

 

令和2年4月1日以降の民法改正「相続」主な改正点・概要

相続 法改正

2019/10/23

令和2年4月1日以降の民法改正「相続」主な改正点・概要

2019年1月13日施行の自筆証書遺言の方式の緩和等、相続に関する民法の改正が順次行われていきます。主な改正点としては次のようなものが挙げられます。     民法相続に関する主な改正点と条文番号 配偶者保護のための方策(民法903条) 遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲(民法906条) 仮払い制度等の創設(民法909条) 自筆証書遺言の方式の緩和(民法968条) 遺言執行者の権限の明確化(民法1007条~1016条) 配偶者居住権の新設(民法1028条~1036条) 配偶者短期 ...

ReadMore

民法 相続 改正 法務局 自筆証書遺言の保管制度

法改正

2019/10/23

法務局での自筆証書遺言の保管制度に関する方策の創設について

法務局より相続をめぐる紛争を防止する目的に「法務局における遺言書の保管に関する法律」が成立し、令和2年7月10日に施行されます。平成30年7月6日,法務局における遺言書の保管等に関する法律(平成30年法律第73号)が成立しました(同年7月13日公布)     法務局における遺言書の保管等に関する法律(以下「遺言書保管法」といいます。)は,高齢化の進展等の社会経済情勢の変化に鑑み相続をめぐる紛争を防止するという観点から法務局において自筆証書遺言に係る遺言書を保管する制度を新たに設けるもの ...

ReadMore

遺留分制度の見直し 相続大改正

法改正

2019/10/23

遺留分の見直しについて(民法1042条~1048条)

現行制度の下で遺留分減殺請求権の行使が行われた場合、その対象となった相続財産について共有の状態が発生します。共有物は、単独所有物と比較すると処分が困難です。例えば、土地を売却するにも共有所有者の同意の署名、押印が必要で、共有者の同意が得られなければ売却は出来ません。     遺留分減殺請求によって生ずる共有状態は、通常、被相続人の意思とは異なる内容の共有状態になるわけです。例えば、事業用の土地などを長男に承継させたいのに、次男が遺留分減殺請求を行い、その相続する事業用の土地が長男と次男 ...

ReadMore

自筆証書遺言の方式の緩和

法改正

2019/10/23

自筆証書遺言の方式の緩和(民法968条)

自筆証書遺言を作成する場合、すべてを自筆で記す必要があります。財産が多岐にわたり、不動産等の所有が多くある場合など、その不動産の地番等の情報を自筆で正確に記す必要があります。   高齢者がそのような文字を自筆で記すには非常に煩雑な作業であり、書き損じてしまった場合は効力を生じなくなってしまいます。   そこで今回そのような高齢者への配慮の為緩和する条文が盛り込まれました。   第968条  参照条文  自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、 ...

ReadMore

配偶者居住権の新設

法改正

2019/10/23

配偶者居住権の新設(民法1028条~1036条)

配偶者が居住建物を取得する場合には、法定相続分がそれだけでいっぱいとなってしまい、他の現金などの財産を受け取れなくなってしまう場合があります。   そこで、配偶者居住権という新しい権利を創設する事によって、建物の所有権はほかの相続人が取得して、配偶者は建物以外の財産を相続しつつ、居住する権利も確保する事で、配偶者の財産と居住をしっかり確保するような相続も可能となります。     第1028条 ~1036条 参照条文 全て追加されました。   第1028条(配偶者居住 ...

ReadMore

遺言執行者の権限の明確化民法

法改正

2019/10/23

遺言執行者の権限の明確化民法(1007条~1016条)

遺言執行者の条文で大きく変わったのは、1015条である、「遺言執行者は相続人の代理人とみなす」という規定が消えたことだと思います。     遺言執行者に係る条文参照 第1007条~1016条 第1007条 1.遺言執行者が就職を承諾したときは、直ちにその任務を行わなければならない。 2.遺言執行者は、その任務を開始した時は、遅滞なく、遺言の内容を相続人に通知しなければならない。     第1008条 相続人その他の利害関係人は、遺言執行者に対し、相当の期間を定めて、 ...

ReadMore

特別寄与分 相続人以外 貢献

法改正

2019/10/23

特別寄与分として相続人以外の者の貢献を考慮するための方策(民法1050条)

今回新設された新ルールです。被相続人に対して、生前に療養看護その他の労務の提供を無償で行い、被相続人の財産の維持又は増加に特別に寄与した人に対して、相続時にその寄与に報いる規定はありましたが、その対象は相続人に限定されていました。   しかし、相続人でない親族が、息子さんの代わりに面倒を見るような事は実際に数多くあります。そこで相続人でない親族にも相続の対象とする(特別寄与者)規定が新たに創設されたのが、以下の1050条になります。     改正後新設 参照条文   ...

ReadMore

仮払い制度等の創設(民法909条)

法改正

2019/10/23

仮払い制度等の創設(民法909条)-相続大改正

従来、死亡届を銀行に通知すると、被相続人の銀行口座は直ぐに凍結し、口座からお金が引き落とせなくなりました。解約の手続きは、相続人の全員の戸籍謄本や被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を集める必要があるため、手続きが非常に煩雑でした。     そして、葬儀代金などを被相続人の預金から引き出そうとしても、凍結されているので引き落としが出来ず、困っている方は大勢いらっしゃいます。そのような現実があるため今回、被相続人の預貯金を「相続分の1/3」までは引き出す事が出来るようになりました。 &n ...

ReadMore

配偶者短期居住権

法改正

2019/10/23

配偶者短期居住権の法改正(民法1037条~1041条)

これまでは配偶者が相続開始時に被相続人の建物に居住をしていた場合には、原則として被相続人と相続人の間で使用貸借契約が成立していたものと推認する事としていました。   しかしこれでは、第三者に居住建物が遺贈されてしまったり、被相続人が反対の意思表示をした場合には使用貸借契約を推認する事が出来なくなってしまい、配偶者の居住が保護されないという問題があったので、このような不都合を解消するために創設されたのが、配偶者短期居住権です。   民法1037条~1041条 参照条文 第1037条(配偶 ...

ReadMore

法改正

2019/10/23

遺産分割前に遺産を処分した場合の遺産の範囲について(民法906条

民法906条は新たに遺産分割前に処分された財産について共同相続人の意思によって遺産分割前に処分された財産をどうするかの規定が追加されています。   民法906条 条文 1. 遺産の分割は、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする。 2. 遺産の分割前に遺産に属する財産が処分された場合であっても、共同相続人は、その全員の同意により、当該処分された財産が遺産の分割時に遺産として存在する者とみなすことができる。 3.前項の ...

ReadMore

 

 

 

 





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

-法改正

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2019 All Rights Reserved.