法改正

遺留分の見直しについて(民法1042条~1048条)

現行制度の下で遺留分減殺請求権の行使が行われた場合、その対象となった相続財産について共有の状態が発生します。共有物は、単独所有物と比較すると処分が困難です。例えば、土地を売却するにも共有所有者の同意の署名、押印が必要で、共有者の同意が得られなければ売却は出来ません。

 

 

遺留分減殺請求によって生ずる共有状態は、通常、被相続人の意思とは異なる内容の共有状態になるわけです。例えば、事業用の土地などを長男に承継させたいのに、次男が遺留分減殺請求を行い、その相続する事業用の土地が長男と次男の共有名義となってしまっては、その土地を売却するにも、賃借するにも、その事業に携わっていない次男の同意が必要となり、タイムリーな事業展開の妨げになってしまいます。

 

そこで今回の改正により、遺留分減殺請求は金銭で全て行えるよう改正されます

 

 

改正後遺留分関係 参照条文

遺留分の帰属及びその割合

第1042条

1 兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次条第一項に規定する遺留分を算定するための財産の価額に、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合を乗じた額を受ける。

 一 直系尊属のみが相続人である場合:三分の一

 二 前号に掲げる場合以外の場合:二分の一

2 相続人が数人ある場合には、前項各号に定める割合は、これらに第900条及び第901条の規定により算定したその各自の相続分を乗じた割合とする。

 

 

遺留分を算定するための財産の価額

第1043条

1 遺留分を算定するための財産の価額は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除した額とする。

2 条件付きの権利又は存続期間の不確定な権利は、家庭裁判所が選任した鑑定人の評価に従って、その価格を定める。

 

 

第1044条

1 贈与は、相続開始前の一年間にしたものに限り、前条の規定によりその価額を算入する。当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたときは、一年前の日より前にしたものについても、同様とする。

2 第904条の規定は、前項に規定する贈与の価額について準用する。

3 相続人に対する贈与についての第一項の規定の適用については、同項中「一年」とあるのは「十年」と、「価額」とあるのは「価額(婚姻若しくは養子縁組のため又は生計の資本として受けた贈与の価額に限る。)」とする。

 

 

第1045条

1 負担付贈与がされた場合における第1043条第1項に規定する贈与した財産の価額は、その目的の価額から負担の価額を控除した額とする。

2 不相当な対価をもってした有償行為は、当事者双方が遺留分権利者に損害を与えることを知ってしたものに限り、当該対価を負担の価額とする負担付贈与とみなす。

 

 

 

遺留分侵害額の請求

第1046条

1 遺留分権利者及びその承継人は、受遺者(特定財産承継遺言により財産を承継し又は相続分の指定を受けた相続人を含む。以下この章において同じ。)又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる。

2 遺留分侵害額は、第1042条の規定による遺留分から第一号及び第二号に掲げる額を控除し、これに第三号に掲げる額を加算して算定する。

 一 遺留分権利者が受けた遺贈又は第903条第一項に規定する贈与の価額

 二 第900条から第902条まで、第903条及び第904条の規定により算定した相続分に応じて遺留分権利者が取得すべき遺産の価額

 三 被相続人が相続開始の時において有した債務のうち、第899条の規定により遺留分権利者が承継する債務(次条第三項において「遺留分権利者承継債務」という。)の額

 

 

受遺者又は受贈者の負担額

第1047条

1 受遺者又は受贈者は、次の各号の定めるところに従い、遺贈(特定財産承継遺言による財産の承継又は相続分の指定による遺産の取得を含む。以下この章において同じ。)又は贈与(遺留分を算定するための財産の価額に算入されるものに限る。以下この章において同じ。)の目的の価額(受遺者又は受贈者が相続人である場合にあっては、当該価額から第1042条の規定による遺留分として当該相続人が受けるべき額を控除した額)を限度として、遺留分侵害額を負担する。

 一 受遺者と受贈者とがあるときは、受遺者が先に負担する。

 二 受遺者が複数あるとき、又は受贈者が複数ある場合においてその贈与が同時にされたものであるときは、受遺者又は受贈者がその目的の価額の割合に応じて負担する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

 三 受贈者が複数あるとき(前号に規定する場合を除く。)は、後の贈与に係る受贈者から順次前の贈与に係る受贈者が負担する。

2 第904条、第1043条第2項及び第1045条の規定は、前項に規定する遺贈又は贈与の目的の価額について準用する。

3 前条第1項の請求を受けた受遺者又は受贈者は、遺留分権利者承継債務について弁済その他の債務を消滅させる行為をしたときは、消滅した債務の額の限度において、遺留分権利者に対する意思表示によって第一項の規定により負担する債務を消滅させることができる。この場合において、当該行為によって遺留分権利者に対して取得した求償権は、消滅した当該債務の額の限度において消滅する。

4 受遺者又は受贈者の無資力によって生じた損失は、遺留分権利者の負担に帰する。

5 裁判所は、受遺者又は受贈者の請求により、第一項の規定により負担する債務の全部又は一部の支払につき相当の期限を許与することができる。

 

 

遺留分侵害額請求権の期間の制限

第1048条

遺留分侵害額の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。

 

遺留分に関する改正の要点

・遺留分減殺請求は『現物』ではなく、『金銭』で全てやり取りできるようになった。

※今までは遺留分減殺請求の行使によって、物権的効果が発生するとされていましたが、これを債権へ変更しました。(金銭の請求権に変更)

・受遺者の請求により、裁判所が金銭債務の全部又は一部の支払いにつき期限を許与する事が出来るようになりました。

 

 

 

 

法定利率 どう変わった 民法改正 2020

法改正

2020/9/9

【法定利率はどのように変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(404条)

Tumisu / Pixabay 私たちが、お金を借りる時、利息の支払いがある時があります。この利息を計算する時の割合は利率といいますが、今回は利率についての民法の条文になります。   特に、利率を自分たちで決めなかった場合にどのような利率が適用されるのかということが、第404条です。 今回は法定利率について詳しく解説します。     このページで分かる事民法404条の条文比較法定利率とは?404条の変更ポイント商事法定利率は廃止にまとめ 民法404条の条文比較 改正前第40 ...

ReadMore

損害賠償請求権 消滅 時効 民法改正 2020 基本

法改正

2020/9/9

【損害賠償請求権の消滅時効とは】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(167条)

前回の第166条で、消滅時効について解説しました。今回は消滅時効の特則である、人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権の場合について、解説していきます。     このページで分かる事民法第167条の条文167条のポイントは?人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権とは?まとめ 民法第167条の条文 第167条  人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権の消滅時効についての前条第1項第二号の規定の適用については、同号中「十年間」とあるのは、「二十年間」とする。   &nbsp ...

ReadMore

消滅時効 民法改正

法改正

2020/9/9

【消滅時効はどのように変わったか】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(166条)

時効というのは、権利を主張できる期限のことです。例えば、人の土地に勝手に家を建てたとしてそのまま20年ほど住み続けたとします。その時もともとの土地所有者が20年の間に一度も何らかの手続きを取ってこないと、勝手に家を建てた人の土地になります。(事実状態の一定期間が継続した)   権利があるからと言って、権利の上に胡坐をかいていると無くなってしまうこともあるということですね。   時効には、取得時効と消滅時効がありますが、今回は消滅時効について解説していきます。   改正民法16 ...

ReadMore

民法改正 承認 時効 基本

法改正

2020/9/9

【承認による時効の更新】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(152条)

  147条から時効の完成猶予と更新について、まとめてきました。改正民法152条では、承認をした場合、時効が更新されるのですが、承認とは何なのか、どのような場合に使うのかなどについて、詳しく解説していきます。   このページで分かる事第152条の条文承認とは?152条のポイントは 第152条の条文 第152条 1 時効は、権利の承認があったときは、その時から新たにその進行を始める。 2 前項の承認をするには、相手方の権利についての処分につき行為能力の制限を受けていないこと又は権限がある ...

ReadMore

新設 民法 協議 合意 時効 完成猶予

法改正

2020/9/9

【新設民法第151条、協議を行う旨の合意による時効の完成猶予】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(151条)

改正民法151条は今までにはない仕組みの条文になります。今までも権利関係について協議を行うことはありましたが、協議を行うことを理由に時効の完成が妨害されることはありませんでした。     今回なぜ、協議を行う旨を合意する際に時効の完成が猶予されるようになったのでしょうか。新設の考え方ということで詳しく解説します。また、時効の完成猶予と更新の考え方については、147条の記事で詳しく解説しておりますので、そちらをご覧ください。     このページで分かる事第151条の条 ...

ReadMore

最速 時効 完成 法改正 民法

法改正

2020/9/9

【催促の時効の完成はどう変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(150条)

時効の完成が妨げる条件について、改正民法147条から152条までに渡り明記されています。今回は150条にある、催促の場合について、時効が延長(完成猶予)やリセット(更新)されるのかを解説していきます。時効の完成猶予と更新という概念について詳しくは、147条にて紹介しています。先にぜひそちらをご覧ください。   このページで分かる事改正後民法の第150条の条文は?催促はどんな場面で行うのかまとめ 改正後民法の第150条の条文は? 第150条 1 催告があったときは、その時から六箇月を経過するまでの ...

ReadMore

差し押さえ 時効 変わった

法改正

2020/9/9

【差し押さえの場合の時効はどう変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(148条/149条)

qimono / Pixabay 今回の民法の大改正では、時効の完成が妨げられる時(延長やリセットされるとき)について、名前が完成猶予と更新と変更されました。また、各所に散らばっていた文言がまとめられ、より詳しくまとめられることになりました。 完成猶予(延長)と更新(リセット)については、147条の解説にて、詳しく説明しましたので、先にそちらをお読みください。 この記事では、差し押さえの場合での時効の完成猶予と更新について解説します。     民法148条の条文 改正民法の条文は次のよ ...

ReadMore

法改正

2020/8/7

【時効において新概念「完成猶予」と「更新」】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(147条)

時効というのは、2種類ありますが、例えば消滅時効のように、一定の期間、その権利を行使しないと、その権利が消滅して請求をすることができなくなる制度です。 この時時効は、時効期間の満了によって完成すると言いますが、完成させずに延長を認める場合もあります。これを時効障害事由(時効の完成を妨げる理由のこと)と言います。     今回はこの時効が完成しない場合について、民法の改正ポイントを解説します。   このページで分かる事時効が完成しないと時はどう考える?条文はどのように変わったか ...

ReadMore

2020年 4月 施工 民法 改正 錯誤

法改正

2020/8/7

【原状回復義務】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(121条の2項)

法律行為の結果、何らかの給付を受けたものの、その法律行為が無効であった場合には、給付を受けた人はどのような義務を負うのかというのが、原状回復の義務(121条2項)になります。   このページで分かる事原状回復とは?民法121条2の条文は?121条の2の1項は原状回復の義務121条の2の2項は返還義務が限定される場合121条の2の3項 返還義務が限定される場合part2制限行為能力者とは?まとめ 原状回復とは? 原状回復はとても簡単です。私たちの日常生活でも、物を買う(売買契約)をした時に、間違え ...

ReadMore

法改正

2020/8/7

【無権代理人の責任】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(117条)

契約の際に代理人を立てることがありますが、その際に例えば、代理権の範囲を逸脱するなどして、代理権がないのに代理権を行使したとみなされ、無権代理人とされます。 本来、代理人の契約した内容は、代理を頼んだ人(本人)帰ってきますが、無権代理人となった場合、この無権代理人はどのような責任を追うのでしょうか。   このページで分かる事無権代理人について117条の条文の変化は?無権代理人が責任追及を逃れる条件 117条1項相手方Bさんに過失がある場合 117条2項無権代理人の責任と表見代理との関係は?まとめ ...

ReadMore

 

 

 

 





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

-法改正

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2020 All Rights Reserved.