法改正

【原状回復義務】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(121条の2項)

法律行為の結果、何らかの給付を受けたものの、その法律行為が無効であった場合には、給付を受けた人はどのような義務を負うのかというのが、原状回復の義務(121条2項)になります。

 

原状回復とは?

原状回復はとても簡単です。私たちの日常生活でも、物を買う(売買契約)をした時に、間違えて買ってしまい、返品することがあるでしょう。この時、売買契約が無効になったと考えられます。

返品の際は、買った人は品物(メロン)を返して、売った人はお金を返します。

 

では、このメロンを少し食べてみてから、返した場合はどうなるでしょうか?今回は、様々な契約無効時のルールについて、法改正された部分を解説します。

 

 

民法121条2の条文は?

民法の121条の2は新設された条文になります。従来は121条は1項しか条文がなく、

 

「取り消された行為は、初めから無効であったものとみなす。ただし、制限行為能力者は、その行為によって現に利益を受けている限度において、返還の義務を負う。」

という、取り消されると無効になるという効果と、ただし書きで制限行為能力者の規定しか書かれていませんでした。

 

 

今回新設された121条の2では、ただし書きが実質的にスライドしてきました。

第121条 取り消された行為は、初めから無効であったものとみなす。

 

(原状回復の義務)

第121条の2 

  • 無効な行為に基づく債務の履行として給付を受けた者は、相手方を原状に復させる義務を負う。
  • 前項の規定にかかわらず、無効な無償行為に基づく債務の履行として給付を受けた者は、給付を受けた当時その行為が無効であること(給付を受けた後に前条の規定により初めから無効であったものとみなされた行為にあっては、給付を受けた当時その行為が取り消すことができるものであること)を知らなかったときは、その行為によって現に利益を受けている限度において、返還の義務を負う。
  • 第一項の規定にかかわらず、行為の時に意思能力を有しなかった者は、その行為によって現に利益を受けている限度において、返還の義務を負う。行為の時に制限行為能力者であった者についても、同様とする。

 

 

121条の2の1項は原状回復の義務

121条2の1項は非常に簡単であり、契約行為が取り消され、無効になった場合互いに、返還しましょうと書いてあります。債務というのは、借金のイメージが強いですが、金銭を払ったり物を渡すといった法律行為の結果としての義務のことを言います。

 

なので、物を買う・売ると売買契約において、お金も品物も互いに相手に渡す「債務」になります。履行は約束ごとを実際に行うことになります。なので、債務の履行とは、売買契約が実際に行われ、上の図で言えば、メロンを受け取り、お金を渡した状態になります。

 

このような、既に互いに渡し終えてしまった後に、契約が取りけしになった場合には、当然互いに返還し原状回復をする義務が双方にあります。

なので、もしメロンを食べてしまえば、原状回復ができないので、この場合はメロンという品物の現物返還ができないため、価額償還義務が発生すると考えられます。

 

 

121条の2の2項は返還義務が限定される場合

物を貰うということがあります。貰うという行為は契約行為と意識することは少ないですが、これも贈与契約という契約です。

この贈与契約が取消された場合に、返還義務はあるのでしょうか?

 

121条の2の2項では、例えば、Aさんがメロンをもらったとします。AさんはBさんに何も渡していないのでこれは無償行為になります。この無償行為が無効になった場合、Aさんが返還するだけなので、互いに返還する義務はありません。

 

この時にAさんが、無効になったことを知らずに(無効であるということを知る前に)もらったメロンの1部分を食べたとします。

この場合、121条の2の1項では、原状回復の義務があったので、食べた分をお金で補填する価額償還義務がありましたが、貰ったものなどで無効であることを知らなかった場合は、食べなかった部分だけの返却で問題ないとなります。

 

また、もし無効であることを知っていた上でメロンを食べた場合は原状回復の義務が生じ、価額償還義務が生じます。

 

 

121条の2の3項 返還義務が限定される場合part2

今度は制限行為能力者や意思無能力者だった場合です。制限行為能力者は意思決定において、単独ですることが難しい人、例えば、未成年や成年後見人をつけている痴呆症の高齢者などが当てはまります。

 

このような場合、制限行為能力者を保護するため、契約の取り消しが行われることがあります。当然契約を取り消すのは、制限行為能力者を保護するためなので、例えば、メロンを消費したものを原状回復義務をつけ、価額償還義務をつけると保護するために取り消した意味がなくなってしまいます。

 

なので、121条の2の2項と同様に、消費しなかった分だけの返還義務だけが生じます。

 

 

上の図のように、制限行為能力者が契約をした場合、無効になることがあります。この場合互いに返還をしますが、消費してしまった場合には、制限行為能力者は消費した分以外を返還すればよく、原状回復の義務を負いません。

 

 

制限行為能力者とは?

制限行為能力者は、具体的には、未成年者、成年被後見人、被保佐人、被補助人のことです。民法は意思表示によって、契約が成り立つと考えていますが、意思表示を受け取ることができない人として、制限行為能力者を定めています。

 

もう一つ意思無能力者(意思能力を喪失した人)という言葉があります。こちらは通常時は、意思表示ができる状態ですが、例えば、泥酔状態や認知症の進行によって、正常な判断ができず意思表示を受け取れる状況になかったと考えられる人です。

 

制限行為能力者と意思無能力者の違いは、制限行為能力者は制度的な枠組みで決定され、未成年であれば、20歳未満の場合(2022年4月からは18歳未満)、成年被後見人であれば成年後見人を立てることで、制限行為能力者となります。

 

対して意思無能力者は、その時々によって変わり、例えばお酒の席で契約をしたが、酔っていた本人は覚えておらず、後から取り消したいときにその時は意思無能力者の状態であったと主張し、認められれば契約を取り消すことができます。

 

どちらにせよ、制限行為能力者や意思無能力者を保護する目的で、契約を取り消しまた原状回復の義務も限定的な適応になっているのです。

 

 

まとめ

基本的に、法的行為(売買契約など)は取り消され、無効になった場合に原状回復の義務があります(民法121条の2の1項)

 

しかし、すべての場合に原状回復の義務があるわけではなく、無償行為(贈与契約)など物をあげただけで相手から何ももらっていない時に、貰ったものを一部消費してしまった場合は、消費した時に無効であることを知らなければ、返すのは消費しなかった分だけで問題ありません。

また、制限行為能力者の場合は、制限行為能力者を保護する目的で契約を取り消すことがあるため、その場合も消費したものは、消費しなかった部分だけ返還するだけで問題ありません。

 

原状回復という賃貸の原状回復が思い浮かびますが、そちらは民法621条にて明記されているので、そちらをご参照ください。

 

その他の民法改正

債務不履行 法改正 民法 基本 解説 415条

法改正

2020/9/9

【債務不履行②】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第415条)

お金を借りたのにも関わらず、お金を返すことができない場合、建物などを差押えされることがあります。これは、お金の貸し借りも法的な契約の1つであり、お金を返すという債務を履行する義務があるため、裁判所が強制執行することができることがあります。   今回は、債務が履行されなかった場合においておこる損害はどのパターンであれば賠償請求できるのかについて解説していきます。   このページで分かる事415条、条文の変更415条のポイント帰責事由とは?損害賠償の請求ができる要件とはまとめ 415条、条 ...

ReadMore

履行不能 法改正 民法 2020 概要

法改正

2020/9/9

【履行不能とは?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第412条の2)

412条の2は新しく新設された条文です。債務を履行するというのは、例えば、宝石を買ったとすると、金銭を支払って、宝石をもらう権利をもつことになります。お金は払ったが、宝石がもらえないと困ることになります。このような場合、債務(宝石を渡す)ことを履行するように、要求することができます。   しかし、宝石が海の底に沈んでしまったら渡すことができません。このような履行が不能になっときについて、解説していきます。   このページで分かる事412条の2の条文履行不能とはどのような状態?412条の ...

ReadMore

法定利率 どう変わった 民法改正 2020

法改正

2020/9/9

【法定利率はどのように変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(404条)

Tumisu / Pixabay 私たちが、お金を借りる時、利息の支払いがある時があります。この利息を計算する時の割合は利率といいますが、今回は利率についての民法の条文になります。   特に、利率を自分たちで決めなかった場合にどのような利率が適用されるのかということが、第404条です。 今回は法定利率について詳しく解説します。     このページで分かる事民法404条の条文比較法定利率とは?404条の変更ポイント商事法定利率は廃止にまとめ 民法404条の条文比較 改正前第40 ...

ReadMore

損害賠償請求権 消滅 時効 民法改正 2020 基本

法改正

2020/9/9

【損害賠償請求権の消滅時効とは】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(167条)

前回の第166条で、消滅時効について解説しました。今回は消滅時効の特則である、人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権の場合について、解説していきます。     このページで分かる事民法第167条の条文167条のポイントは?人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権とは?まとめ 民法第167条の条文 第167条  人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権の消滅時効についての前条第1項第二号の規定の適用については、同号中「十年間」とあるのは、「二十年間」とする。   &nbsp ...

ReadMore

消滅時効 民法改正

法改正

2020/9/9

【消滅時効はどのように変わったか】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(166条)

時効というのは、権利を主張できる期限のことです。例えば、人の土地に勝手に家を建てたとしてそのまま20年ほど住み続けたとします。その時もともとの土地所有者が20年の間に一度も何らかの手続きを取ってこないと、勝手に家を建てた人の土地になります。(事実状態の一定期間が継続した)   権利があるからと言って、権利の上に胡坐をかいていると無くなってしまうこともあるということですね。   時効には、取得時効と消滅時効がありますが、今回は消滅時効について解説していきます。   改正民法16 ...

ReadMore

民法改正 承認 時効 基本

法改正

2020/9/9

【承認による時効の更新】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(152条)

  147条から時効の完成猶予と更新について、まとめてきました。改正民法152条では、承認をした場合、時効が更新されるのですが、承認とは何なのか、どのような場合に使うのかなどについて、詳しく解説していきます。   このページで分かる事第152条の条文承認とは?152条のポイントは 第152条の条文 第152条 1 時効は、権利の承認があったときは、その時から新たにその進行を始める。 2 前項の承認をするには、相手方の権利についての処分につき行為能力の制限を受けていないこと又は権限がある ...

ReadMore

新設 民法 協議 合意 時効 完成猶予

法改正

2020/9/9

【新設民法第151条、協議を行う旨の合意による時効の完成猶予】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(151条)

改正民法151条は今までにはない仕組みの条文になります。今までも権利関係について協議を行うことはありましたが、協議を行うことを理由に時効の完成が妨害されることはありませんでした。     今回なぜ、協議を行う旨を合意する際に時効の完成が猶予されるようになったのでしょうか。新設の考え方ということで詳しく解説します。また、時効の完成猶予と更新の考え方については、147条の記事で詳しく解説しておりますので、そちらをご覧ください。     このページで分かる事第151条の条 ...

ReadMore

自己契約 双方代理 民法改正 2020 4月

法改正

2020/7/4

【自己契約・双方代理】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

改正民法 第108条 【自己契約・双方代理】について   自己契約とは本人の代理人が本人の相手方となり、双方代理とは当事者双方の代理人となる場合を意味しますが、人物が絡み合うため非常に複雑な問題を引き起こします。 今回は自己契約と双方代理について改正ポイントを詳しく解説します。   このページで分かる事自己契約とは?双方代理とは?第108条の新旧比較無権代理行為とは?利益相反行為とは?まとめ 自己契約とは? 自己契約とは代理人が自ら本人を代理し、本人と契約することですが、言葉の遊びのよ ...

ReadMore

代理権の濫用 民法改正 2020 4月

法改正

2020/8/7

【代理権の濫用】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

geralt / Pixabay 改正民法107条 【代理権の濫用】について   民法には代理人という考え方があります。例えば、裁判の時には専門家である弁護士にお願いすることがあります。裁判というと弁護士でないとできない気がしますが、実は自分が1人でやることも可能です。しかし、専門的な知識を持たないため、専門家にお願いしているのです。今回はそんな代理人が代理権を濫用した場合はどのようになるのかについて解説していきます。   このページで分かる事代理権とは?代理権の濫用の条文はどのように ...

ReadMore

意思表示 民法改正 基本 要所 契約

法改正

2020/7/4

【意思表示②】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

    民法98条 第2項 私たちは日々、契約行為を交わして生きています。買い物に行くと、「売買契約」、病院で診療を受ければ「診療契約」といった具合に、意識はしませんが全ては契約行為なのです。 それでは、全ての人が契約行為を自由に行えるのでしょうか?   今回は第98条第2項の改正ポイントについて解説します。   このページで分かる事民法98条とは?民法98条の新旧比較事例1、成年被後見人に意思表示をした場合事例2、意思能力を喪失した人の場合まとめ 民法98条とは? ...

ReadMore





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

-法改正

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2020 All Rights Reserved.