法改正

【意思表示】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

意思表示 民法改正 2020 4月

 

改正民法97条【意思表示】について。

 

意思表示というのは、一定の法律効果の発生させる意思の表明です。例えば、スーパーでリンゴを買うときに「買いたい」とレジに持っていきます。これが意思表示です。互いの「買いたい」と「売りたい」が一致すれば、「売買契約」という法律効果を発生させる契約が結ばれます。

 

しかし、意思表示はいつから効力を発生するのでしょうか?例えば、郵便で相手に賃貸契約書を送ったとしましょう。いつの時点で効力が発生するのでしょうか?今回は意思表示の効力の発生について書かれている第97条について、民法の改正点を解説していきます。

 

第97条の改正前はどうだったのか

  • 遠隔地に対する意思表示は、その通知が相手方に到達した時からその効力を生ずる
  • 遠隔地に対する意思表示は、表意者が通知を発した後に死亡し、又は行為能力を喪失したときであっても、そのためにその効力を妨げられない

 

97条は従来、遠隔地に対して、通知が相手に届いた瞬間から発生するとなっていました。つまり、郵便で送った場合は相手に届いたときが意思表示となります。また、意思表示を送ってから亡くなった場合も、効力は持続するとなっていました。

 

しかし、例えば、通知が届くのを相手が妨害した場合はどうでしょうか?例えば、郵便物の受け取りを拒否している場合や、メールを迷惑メールに入れて連絡がつかない場合です。

いつまで経っても、意思表示ができないということになってしまいます。

 

様々な問題を受けて、次のように改正されました

 

改正後の第97条

  • 意思表示は、その通知が相手方に到達した時からその効力を生ずる
  • 相手方が正当な理由なく意思表示の通知が到達することを妨げたときには、その通知は、通常到達すべきであった時に到達したものとみなす
  • 意思表示は、表意者が通知を発した後に死亡し、意思能力を喪失し、又は行為能力の制限を受けたときであっても、そのためにその効力を妨げられない

 

大まかな変更点としては、「遠隔地」という文言が削除され、遠隔地の場合という限定ではなく、意思表示全般を表す条文へと変更しました。

 

また、旧条文の第2項が第3項に変更し、第2項が新設されました。

 

変更された第1項のポイント

第1項は従来、遠隔地の意思表示についてのみを表していましたが、目の前にいる対話者については、規定されていませんでした。しかし、遠隔地が抜けたことによって、目の前にいても到達した瞬間に効力が発揮されると明文化されることになります。なので今回の改正では、例えば、相手方が耳が聞こえない(難聴)の場合に、肉声で意思表示をしても意味がないことがわかります。

 

目の前であっても、相手に届いた場合が意思表示であるということがわかるようになりました。

 

 

新設された第2項のポイント、到達が妨害された場合

相手方が意思表示を到達することに対して、正当な理由なく拒絶した場合、意思表示した表意者は不利益を被ることになります。そのため、意思表示が妨害された場合において、正当な理由がない場合は、本来到達すべきで時に到達したものとみなすようになりました。

 

みなし到達により、意思表示の効力が拒絶された場合でも発揮されるようになりました。

 

このみなし到達の場合も、第1項と同じように、到達した時から意思表示の効力が発揮されます。

 

 

変更された第3項のポイント

旧条文の第2項で、意思表示は、死亡したり、行為能力の制限をされても効力は消滅しないとされていました。これは、発信した段階で意思表示は、完了しているという考えから来ています。

改正された新民法では、同じ論理で意思能力が喪失した場合でも当てはまると明文化されました。

 

行為能力というのは、契約などの法律行為を単独で確定的にできる能力のことを言います。

逆に行為能力の制限というのは、行為能力が制限されている人、つまり未成年者や成年被後見人など、判断能力などが十分ではないと考えられる場合です。

 

意思能力の喪失というのは、行為能力が単独で行為能力を行えないものを保護する目的あるため、法律により決められているのに対して、一つ一つの問題となる行為に対してその状況から判断されます。

そのため、意思能力は「自己の行為の法的な結果を認識・判断することができる能力」とされています。

意思能力がないものがした行為は無効になると考えられています。

 

行為能力

意思能力

対象

未成年者や成年被後見人

被保佐人、被補助人

精神病や認知症、泥酔者など

認定方法

制度的に定められる

1つ1つの行為ごとに判定する

 

 

まとめ

意思表示という契約にとって重要な要素は、改正第97条で遠隔地だけでなく、意思表示という行為そのものが、相手方に到達した瞬間から効力が発揮されると明文化されました。逆に言えば届かない、意思表示は、意思表示にはなっていないということです。

 

しかし、相手方が正当な理由なく届くことを妨害した場合はこの限りではなく、本来届いたとみなされるタイミングから効力を発揮します。

また、発した瞬間から意思表示をしたものと考えられていますが、届く前に死亡したり、行為能力を制限されたり、意思能力を喪失しても、相手に届けば意思表示として効力を発揮します。

 

その他の民法改正

債務不履行 法改正 民法 基本 解説 415条

法改正

2020/9/9

【債務不履行②】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第415条)

お金を借りたのにも関わらず、お金を返すことができない場合、建物などを差押えされることがあります。これは、お金の貸し借りも法的な契約の1つであり、お金を返すという債務を履行する義務があるため、裁判所が強制執行することができることがあります。   今回は、債務が履行されなかった場合においておこる損害はどのパターンであれば賠償請求できるのかについて解説していきます。   このページで分かる事415条、条文の変更415条のポイント帰責事由とは?損害賠償の請求ができる要件とはまとめ 415条、条 ...

ReadMore

履行不能 法改正 民法 2020 概要

法改正

2020/9/9

【履行不能とは?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第412条の2)

412条の2は新しく新設された条文です。債務を履行するというのは、例えば、宝石を買ったとすると、金銭を支払って、宝石をもらう権利をもつことになります。お金は払ったが、宝石がもらえないと困ることになります。このような場合、債務(宝石を渡す)ことを履行するように、要求することができます。   しかし、宝石が海の底に沈んでしまったら渡すことができません。このような履行が不能になっときについて、解説していきます。   このページで分かる事412条の2の条文履行不能とはどのような状態?412条の ...

ReadMore

法定利率 どう変わった 民法改正 2020

法改正

2020/9/9

【法定利率はどのように変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(404条)

Tumisu / Pixabay 私たちが、お金を借りる時、利息の支払いがある時があります。この利息を計算する時の割合は利率といいますが、今回は利率についての民法の条文になります。   特に、利率を自分たちで決めなかった場合にどのような利率が適用されるのかということが、第404条です。 今回は法定利率について詳しく解説します。     このページで分かる事民法404条の条文比較法定利率とは?404条の変更ポイント商事法定利率は廃止にまとめ 民法404条の条文比較 改正前第40 ...

ReadMore

損害賠償請求権 消滅 時効 民法改正 2020 基本

法改正

2020/9/9

【損害賠償請求権の消滅時効とは】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(167条)

前回の第166条で、消滅時効について解説しました。今回は消滅時効の特則である、人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権の場合について、解説していきます。     このページで分かる事民法第167条の条文167条のポイントは?人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権とは?まとめ 民法第167条の条文 第167条  人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権の消滅時効についての前条第1項第二号の規定の適用については、同号中「十年間」とあるのは、「二十年間」とする。   &nbsp ...

ReadMore

消滅時効 民法改正

法改正

2020/9/9

【消滅時効はどのように変わったか】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(166条)

時効というのは、権利を主張できる期限のことです。例えば、人の土地に勝手に家を建てたとしてそのまま20年ほど住み続けたとします。その時もともとの土地所有者が20年の間に一度も何らかの手続きを取ってこないと、勝手に家を建てた人の土地になります。(事実状態の一定期間が継続した)   権利があるからと言って、権利の上に胡坐をかいていると無くなってしまうこともあるということですね。   時効には、取得時効と消滅時効がありますが、今回は消滅時効について解説していきます。   改正民法16 ...

ReadMore

民法改正 承認 時効 基本

法改正

2020/9/9

【承認による時効の更新】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(152条)

  147条から時効の完成猶予と更新について、まとめてきました。改正民法152条では、承認をした場合、時効が更新されるのですが、承認とは何なのか、どのような場合に使うのかなどについて、詳しく解説していきます。   このページで分かる事第152条の条文承認とは?152条のポイントは 第152条の条文 第152条 1 時効は、権利の承認があったときは、その時から新たにその進行を始める。 2 前項の承認をするには、相手方の権利についての処分につき行為能力の制限を受けていないこと又は権限がある ...

ReadMore

新設 民法 協議 合意 時効 完成猶予

法改正

2020/9/9

【新設民法第151条、協議を行う旨の合意による時効の完成猶予】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(151条)

改正民法151条は今までにはない仕組みの条文になります。今までも権利関係について協議を行うことはありましたが、協議を行うことを理由に時効の完成が妨害されることはありませんでした。     今回なぜ、協議を行う旨を合意する際に時効の完成が猶予されるようになったのでしょうか。新設の考え方ということで詳しく解説します。また、時効の完成猶予と更新の考え方については、147条の記事で詳しく解説しておりますので、そちらをご覧ください。     このページで分かる事第151条の条 ...

ReadMore

自己契約 双方代理 民法改正 2020 4月

法改正

2020/7/4

【自己契約・双方代理】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

改正民法 第108条 【自己契約・双方代理】について   自己契約とは本人の代理人が本人の相手方となり、双方代理とは当事者双方の代理人となる場合を意味しますが、人物が絡み合うため非常に複雑な問題を引き起こします。 今回は自己契約と双方代理について改正ポイントを詳しく解説します。   このページで分かる事自己契約とは?双方代理とは?第108条の新旧比較無権代理行為とは?利益相反行為とは?まとめ 自己契約とは? 自己契約とは代理人が自ら本人を代理し、本人と契約することですが、言葉の遊びのよ ...

ReadMore

代理権の濫用 民法改正 2020 4月

法改正

2020/8/7

【代理権の濫用】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

geralt / Pixabay 改正民法107条 【代理権の濫用】について   民法には代理人という考え方があります。例えば、裁判の時には専門家である弁護士にお願いすることがあります。裁判というと弁護士でないとできない気がしますが、実は自分が1人でやることも可能です。しかし、専門的な知識を持たないため、専門家にお願いしているのです。今回はそんな代理人が代理権を濫用した場合はどのようになるのかについて解説していきます。   このページで分かる事代理権とは?代理権の濫用の条文はどのように ...

ReadMore





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

-法改正
-

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2020 All Rights Reserved.