法改正

遺言執行者の権限の明確化民法(1007条~1016条)

遺言執行者の条文で大きく変わったのは、1015条である、「遺言執行者は相続人の代理人とみなす」という規定が消えたことだと思います。

 

 

遺言執行者に係る条文参照 第1007条~1016条

第1007条

1.遺言執行者が就職を承諾したときは、直ちにその任務を行わなければならない。

2.遺言執行者は、その任務を開始した時は、遅滞なく、遺言の内容を相続人に通知しなければならない。

 

 

第1008条

相続人その他の利害関係人は、遺言執行者に対し、相当の期間を定めて、その期間内に就職を承諾するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。この場合において、遺言執行者が、その期間内に相続人に対して確答をしないときは、就職を承諾したものとみなす。

 

 

第1009条

未成年者及び破産者は、遺言執行者となることができない。

 

 

第1010条

遺言執行者がないとき、又はなくなったときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求によって、これを選任することができる。

 

 

第1011条

1. 遺言執行者は、遅滞なく、相続財産の目録を作成して、相続人に交付しなければならない。

2.遺言執行者は、相続人の請求があるときは、その立会いをもって相続財産の目録を作成し、又は公証人にこれを作成させなければならない。

 

 

第1012条.

1. 遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。

2. 遺言執行者がある場合には、遺贈の履行は遺言執行者のみが行うことができる。

3. 第644条から第647条まで及び第650条の規定は、遺言執行者について準用する。

 

 

第1013条

1. 遺言執行者がある場合には、相続人は、相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることができない。

2. 前項の規定に違反してした行為は無効とする。ただし、これをもって善意の第三者に対抗する事はできない。

3. 前二項の規定は、相続人の債権者(相続債権者を含む。)が相続財産についてその権利を行使することを妨げない。

 

 

第1014条

1. 前三条の規定は、遺言が相続財産のうち特定の財産に関する場合には、その財産についてのみ適用する。

2. 遺産の分割の指定として遺産に属する特定の財産を共同相続人の一人又は数人に承継させる旨の遺言があった時ときは、遺言執行者は、当該共同相続人が第899条の二代一項に規定する対抗要件を備えるための必要な行為をすることができる。

3. 前項の財産が預貯金債権である場合には、遺言執行者は、同行に規定する行為のほか、その預金又は貯金の払い戻しの請求及びその預金又は貯金に係る契約の解約の申し入れをすることができる。ただし、解約の申し入れについては、その預貯金債権の全部が特定財産承継遺言の目的である場合に限る。

4. 前二項の規定にかかわらず、被相続人が遺言で別段の意思を表示したときは、その意思表示に従う。

 

ポイント

第1015条改正前条文

遺言執行者は、相続人の代理人とみなす。

第1015条

遺言執行者がその権限内において遺言執行者であることを示してした行為は、相続人に対して直接効力を有する。

 

 

第1016条

1.遺言執行者は、やむを得ない事由がなければ、第三者にその任務を行わせることができない。ただし、遺言者がその遺言に反対の意思を表示したときは、この限りでない。2.遺言執行者が前項ただし書の規定により第三者にその任務を行わせる場合には、相続人に対して、105条に規定する責任を負う。

 

 

遺言執行者の権限の明確化

改正の狙いとして、遺言執行者が定められている場合の遺言執行者の職務をより明確化する事により相続人の権利を平等に守る役割を担うことができます。また相続人などが遺言執行者の行為を妨げてはならないという事を合わせて明文化しています。

 

 

今回の民法改正・変更点の要点

  • 遺言執行者は相続開始の通知義務を負う
  • 遺贈の履行は遺言執行者のみが行うことができる
  • 遺言執行者が凍結口座の解約手続きを進める事ができる
  • 遺言執行者が、土地建物不動産の名義変更を進める事ができる。

 

 

問題点

上記の変更点で疑問に感じる事があります。

 

遺言執行者が司法書士のような有資格者でなかった場合に、不動産の所有権移転登記が代理で出来るのか?ということが疑問になります。また有資格者でない遺言執行者が、銀行の凍結口座の解約を進める際、戸籍謄本を集める手段が準備されているのか?そうでなければ非常に煩雑な事務を遺言執行者は行わなければならなくなります。

 

果たして、そのような実務に照らした諸問題をどうクリアしていくか注視が必要だと感じます。また、1015条の代理人規定がなくなっています。

 

私にはまだどのように解釈すれば良いかわかりませんので、今後どのように運用されていくか合わせて注視したいと思います。

 

 

 

法定利率 どう変わった 民法改正 2020

法改正

2020/9/9

【法定利率はどのように変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(404条)

Tumisu / Pixabay 私たちが、お金を借りる時、利息の支払いがある時があります。この利息を計算する時の割合は利率といいますが、今回は利率についての民法の条文になります。   特に、利率を自分たちで決めなかった場合にどのような利率が適用されるのかということが、第404条です。 今回は法定利率について詳しく解説します。     このページで分かる事民法404条の条文比較法定利率とは?404条の変更ポイント商事法定利率は廃止にまとめ 民法404条の条文比較 改正前第40 ...

ReadMore

損害賠償請求権 消滅 時効 民法改正 2020 基本

法改正

2020/9/9

【損害賠償請求権の消滅時効とは】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(167条)

前回の第166条で、消滅時効について解説しました。今回は消滅時効の特則である、人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権の場合について、解説していきます。     このページで分かる事民法第167条の条文167条のポイントは?人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権とは?まとめ 民法第167条の条文 第167条  人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権の消滅時効についての前条第1項第二号の規定の適用については、同号中「十年間」とあるのは、「二十年間」とする。   &nbsp ...

ReadMore

消滅時効 民法改正

法改正

2020/9/9

【消滅時効はどのように変わったか】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(166条)

時効というのは、権利を主張できる期限のことです。例えば、人の土地に勝手に家を建てたとしてそのまま20年ほど住み続けたとします。その時もともとの土地所有者が20年の間に一度も何らかの手続きを取ってこないと、勝手に家を建てた人の土地になります。(事実状態の一定期間が継続した)   権利があるからと言って、権利の上に胡坐をかいていると無くなってしまうこともあるということですね。   時効には、取得時効と消滅時効がありますが、今回は消滅時効について解説していきます。   改正民法16 ...

ReadMore

民法改正 承認 時効 基本

法改正

2020/9/9

【承認による時効の更新】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(152条)

  147条から時効の完成猶予と更新について、まとめてきました。改正民法152条では、承認をした場合、時効が更新されるのですが、承認とは何なのか、どのような場合に使うのかなどについて、詳しく解説していきます。   このページで分かる事第152条の条文承認とは?152条のポイントは 第152条の条文 第152条 1 時効は、権利の承認があったときは、その時から新たにその進行を始める。 2 前項の承認をするには、相手方の権利についての処分につき行為能力の制限を受けていないこと又は権限がある ...

ReadMore

新設 民法 協議 合意 時効 完成猶予

法改正

2020/9/9

【新設民法第151条、協議を行う旨の合意による時効の完成猶予】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(151条)

改正民法151条は今までにはない仕組みの条文になります。今までも権利関係について協議を行うことはありましたが、協議を行うことを理由に時効の完成が妨害されることはありませんでした。     今回なぜ、協議を行う旨を合意する際に時効の完成が猶予されるようになったのでしょうか。新設の考え方ということで詳しく解説します。また、時効の完成猶予と更新の考え方については、147条の記事で詳しく解説しておりますので、そちらをご覧ください。     このページで分かる事第151条の条 ...

ReadMore

最速 時効 完成 法改正 民法

法改正

2020/9/9

【催促の時効の完成はどう変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(150条)

時効の完成が妨げる条件について、改正民法147条から152条までに渡り明記されています。今回は150条にある、催促の場合について、時効が延長(完成猶予)やリセット(更新)されるのかを解説していきます。時効の完成猶予と更新という概念について詳しくは、147条にて紹介しています。先にぜひそちらをご覧ください。   このページで分かる事改正後民法の第150条の条文は?催促はどんな場面で行うのかまとめ 改正後民法の第150条の条文は? 第150条 1 催告があったときは、その時から六箇月を経過するまでの ...

ReadMore

差し押さえ 時効 変わった

法改正

2020/9/9

【差し押さえの場合の時効はどう変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(148条/149条)

qimono / Pixabay 今回の民法の大改正では、時効の完成が妨げられる時(延長やリセットされるとき)について、名前が完成猶予と更新と変更されました。また、各所に散らばっていた文言がまとめられ、より詳しくまとめられることになりました。 完成猶予(延長)と更新(リセット)については、147条の解説にて、詳しく説明しましたので、先にそちらをお読みください。 この記事では、差し押さえの場合での時効の完成猶予と更新について解説します。     民法148条の条文 改正民法の条文は次のよ ...

ReadMore

法改正

2020/8/7

【時効において新概念「完成猶予」と「更新」】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(147条)

時効というのは、2種類ありますが、例えば消滅時効のように、一定の期間、その権利を行使しないと、その権利が消滅して請求をすることができなくなる制度です。 この時時効は、時効期間の満了によって完成すると言いますが、完成させずに延長を認める場合もあります。これを時効障害事由(時効の完成を妨げる理由のこと)と言います。     今回はこの時効が完成しない場合について、民法の改正ポイントを解説します。   このページで分かる事時効が完成しないと時はどう考える?条文はどのように変わったか ...

ReadMore

2020年 4月 施工 民法 改正 錯誤

法改正

2020/8/7

【原状回復義務】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(121条の2項)

法律行為の結果、何らかの給付を受けたものの、その法律行為が無効であった場合には、給付を受けた人はどのような義務を負うのかというのが、原状回復の義務(121条2項)になります。   このページで分かる事原状回復とは?民法121条2の条文は?121条の2の1項は原状回復の義務121条の2の2項は返還義務が限定される場合121条の2の3項 返還義務が限定される場合part2制限行為能力者とは?まとめ 原状回復とは? 原状回復はとても簡単です。私たちの日常生活でも、物を買う(売買契約)をした時に、間違え ...

ReadMore

法改正

2020/8/7

【無権代理人の責任】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(117条)

契約の際に代理人を立てることがありますが、その際に例えば、代理権の範囲を逸脱するなどして、代理権がないのに代理権を行使したとみなされ、無権代理人とされます。 本来、代理人の契約した内容は、代理を頼んだ人(本人)帰ってきますが、無権代理人となった場合、この無権代理人はどのような責任を追うのでしょうか。   このページで分かる事無権代理人について117条の条文の変化は?無権代理人が責任追及を逃れる条件 117条1項相手方Bさんに過失がある場合 117条2項無権代理人の責任と表見代理との関係は?まとめ ...

ReadMore

 

 

 

 





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

-法改正

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2020 All Rights Reserved.