法改正

【代理権の濫用】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

代理権の濫用 民法改正 2020 4月

geralt / Pixabay

改正民法107条 【代理権の濫用】について

 

民法には代理人という考え方があります。例えば、裁判の時には専門家である弁護士にお願いすることがあります。裁判というと弁護士でないとできない気がしますが、実は自分が1人でやることも可能です。しかし、専門的な知識を持たないため、専門家にお願いしているのです。今回はそんな代理人が代理権を濫用した場合はどのようになるのかについて解説していきます。

 

代理権とは?

代理権というのは、本人に代わって、代理人であることを告げて、本人のための意思表示を本人の代わりに行い、相手方と法律行為をすることです。

あくまで、本人のための意思表示であるため、そこで行われた法律行為は本人に帰ってきます。(効果帰属)例えば、裁判で被告人が有罪になったからといって、その弁護をしていた弁護士が有罪になるわけではありません。

弁護士は本人に代わって本人のために意思表示をしているだけなので、その結果は本人が受けるべきものです。

 

図にすると、上のようになります。本人Aさんの代わりに代理人Bさんが、相手方のCさんと法律行為をしています。BさんはAさんのために行い、この法律行為の結果はAさんに帰っていきます。例えば、土地の売り買いであった場合、代理人のBさんがCさんと契約を結びますが、実際にはAさんと結んだことと同じなので、Aさんは土地を渡し、Cさんは契約に基づき金銭などの支払いをすることになります。

 

代理権には2種類あります。1つは任意代理権であり、本人から依頼されて代理人となる場合です。弁護士はまさにこの典型的な例です。

2つ目に法定代理権というものがあります。依頼ではなく法律により代理人となる場合です。

未成年者の親権者がまさにこの例になります。法律によって未成年者の代わりに法律行為をできるのが親権者(親など)になります。

 

代理権の濫用の条文はどのように変化した?

第107条(代理権の濫用)

 代理人が自己又は第三者の利益を図る目的で代理権の範囲内の行為をした場合において、相手方がその目的を知り、又は知ることができたときは、その行為は、代理権を有しない者がした行為とみなす。

 

第107条は旧法では規定がなかったため、新しく新設された条文になります。

簡単に言うならば、代理人が代理権の枠内で法律行為をしましたが、実際には本人のためではなく、自分や第三者の利益ために行っていた場合、本人が不利益を被ることがあります。

 

代理権の濫用の例

土地を持っている本人Aさんという人がいました。Aさんは土地を売る際にBさんに土地の売却を頼みます。BさんはAさんの代理人として、Cさんに土地を売る契約をしました。

しかし、代理人Bさんはお金に目がくらんだのか、売却したお金を着服してしまいました。

この場合、AさんはCさんに土地を渡さなければならないのでしょうか?Cさんからすれば、代理人Bさんとして売買契約を結び、お金も払っているのでCさんは何も悪いことはしていません。

このような場合どうなるのかを、取り決めしたのが第107条です。

 

上の図のように代理人Bは着服しようとしています。この時、CがBの着服を知っていた(悪意)もしくは、知ることが出来た場合(過失有り)の場合には、無権代理行為ということになりました。無効になるわけではないということに注意が必要です。また、Cが善意無過失の場合には、代理人Bが行った法律行為は有効になります。土地ばCに渡した上で、AはBを直接訴える必要があるでしょう。

 

無権代理とは、代理権を有していない者が勝手に代理人として振る舞っているという状態です。

無権代理行為であると認められたのであれば、本人Aさんは、追認権と追認拒絶権を持つことになります(民法第113条)

・追認権、この契約を後から認めることができる権利で、追認すればBが契約した時に遡り契約が認められます

・追認拒絶権、追認を求められても拒否することができる権利です。

 

追認権と追認拒絶権は、相手方のCがAにこの契約を追認するかどうか聞いてきたときに、どちらも選べるということです。

当然拒絶すれば、AはCに土地を渡すことはなくなるので、CがBに責任追及をしたり、契約自体の取り消しを行うことになります。(民法第117条)

 

 

まとめ

自分一人で何かをできない時に、誰かに頼むことは当たり前の行為です。特に専門的な知識が必要な時は「代理人」に頼むことは良くあることです。しかし、本人の思惑と代理人の思惑が異なり、トラブルとなることも多々あります。

 

トラブルを避け、自分の利益を守るためには、法的な知識を身につけ、代理人であれば制限をしっかり設ける、信頼できる人を選ぶなど注意が必要です。また、トラブルになった際自分での解決や自分の利益が守れなさそうな時には、弁護士に依頼することが望ましいでしょう。

 

 

その他の民法改正

法定利率 どう変わった 民法改正 2020

法改正

2020/9/9

【法定利率はどのように変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(404条)

Tumisu / Pixabay 私たちが、お金を借りる時、利息の支払いがある時があります。この利息を計算する時の割合は利率といいますが、今回は利率についての民法の条文になります。   特に、利率を自分たちで決めなかった場合にどのような利率が適用されるのかということが、第404条です。 今回は法定利率について詳しく解説します。     このページで分かる事民法404条の条文比較法定利率とは?404条の変更ポイント商事法定利率は廃止にまとめ 民法404条の条文比較 改正前第40 ...

ReadMore

損害賠償請求権 消滅 時効 民法改正 2020 基本

法改正

2020/9/9

【損害賠償請求権の消滅時効とは】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(167条)

前回の第166条で、消滅時効について解説しました。今回は消滅時効の特則である、人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権の場合について、解説していきます。     このページで分かる事民法第167条の条文167条のポイントは?人の生命や身体の侵害による損害賠償請求権とは?まとめ 民法第167条の条文 第167条  人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権の消滅時効についての前条第1項第二号の規定の適用については、同号中「十年間」とあるのは、「二十年間」とする。   &nbsp ...

ReadMore

消滅時効 民法改正

法改正

2020/9/9

【消滅時効はどのように変わったか】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(166条)

時効というのは、権利を主張できる期限のことです。例えば、人の土地に勝手に家を建てたとしてそのまま20年ほど住み続けたとします。その時もともとの土地所有者が20年の間に一度も何らかの手続きを取ってこないと、勝手に家を建てた人の土地になります。(事実状態の一定期間が継続した)   権利があるからと言って、権利の上に胡坐をかいていると無くなってしまうこともあるということですね。   時効には、取得時効と消滅時効がありますが、今回は消滅時効について解説していきます。   改正民法16 ...

ReadMore

民法改正 承認 時効 基本

法改正

2020/9/9

【承認による時効の更新】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(152条)

  147条から時効の完成猶予と更新について、まとめてきました。改正民法152条では、承認をした場合、時効が更新されるのですが、承認とは何なのか、どのような場合に使うのかなどについて、詳しく解説していきます。   このページで分かる事第152条の条文承認とは?152条のポイントは 第152条の条文 第152条 1 時効は、権利の承認があったときは、その時から新たにその進行を始める。 2 前項の承認をするには、相手方の権利についての処分につき行為能力の制限を受けていないこと又は権限がある ...

ReadMore

新設 民法 協議 合意 時効 完成猶予

法改正

2020/9/9

【新設民法第151条、協議を行う旨の合意による時効の完成猶予】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(151条)

改正民法151条は今までにはない仕組みの条文になります。今までも権利関係について協議を行うことはありましたが、協議を行うことを理由に時効の完成が妨害されることはありませんでした。     今回なぜ、協議を行う旨を合意する際に時効の完成が猶予されるようになったのでしょうか。新設の考え方ということで詳しく解説します。また、時効の完成猶予と更新の考え方については、147条の記事で詳しく解説しておりますので、そちらをご覧ください。     このページで分かる事第151条の条 ...

ReadMore

自己契約 双方代理 民法改正 2020 4月

法改正

2020/7/4

【自己契約・双方代理】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

改正民法 第108条 【自己契約・双方代理】について   自己契約とは本人の代理人が本人の相手方となり、双方代理とは当事者双方の代理人となる場合を意味しますが、人物が絡み合うため非常に複雑な問題を引き起こします。 今回は自己契約と双方代理について改正ポイントを詳しく解説します。   このページで分かる事自己契約とは?双方代理とは?第108条の新旧比較無権代理行為とは?利益相反行為とは?まとめ 自己契約とは? 自己契約とは代理人が自ら本人を代理し、本人と契約することですが、言葉の遊びのよ ...

ReadMore

代理権の濫用 民法改正 2020 4月

法改正

2020/8/7

【代理権の濫用】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

geralt / Pixabay 改正民法107条 【代理権の濫用】について   民法には代理人という考え方があります。例えば、裁判の時には専門家である弁護士にお願いすることがあります。裁判というと弁護士でないとできない気がしますが、実は自分が1人でやることも可能です。しかし、専門的な知識を持たないため、専門家にお願いしているのです。今回はそんな代理人が代理権を濫用した場合はどのようになるのかについて解説していきます。   このページで分かる事代理権とは?代理権の濫用の条文はどのように ...

ReadMore

意思表示 民法改正 基本 要所 契約

法改正

2020/7/4

【意思表示②】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

    民法98条 第2項 私たちは日々、契約行為を交わして生きています。買い物に行くと、「売買契約」、病院で診療を受ければ「診療契約」といった具合に、意識はしませんが全ては契約行為なのです。 それでは、全ての人が契約行為を自由に行えるのでしょうか?   今回は第98条第2項の改正ポイントについて解説します。   このページで分かる事民法98条とは?民法98条の新旧比較事例1、成年被後見人に意思表示をした場合事例2、意思能力を喪失した人の場合まとめ 民法98条とは? ...

ReadMore

意思表示 民法改正 2020 4月

法改正

2020/7/4

【意思表示】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

  改正民法97条【意思表示】について。   意思表示というのは、一定の法律効果の発生させる意思の表明です。例えば、スーパーでリンゴを買うときに「買いたい」とレジに持っていきます。これが意思表示です。互いの「買いたい」と「売りたい」が一致すれば、「売買契約」という法律効果を発生させる契約が結ばれます。   しかし、意思表示はいつから効力を発生するのでしょうか?例えば、郵便で相手に賃貸契約書を送ったとしましょう。いつの時点で効力が発生するのでしょうか?今回は意思表示の効力の発生 ...

ReadMore

民法改正 詐欺

未分類

2020/7/4

【詐欺】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

  私たちの身の回りにある「詐欺行為」、詐欺をすると詐欺罪という刑法に該当して捕まってしまうのは知っているかもしれません。しかし、実は民法でも詐欺行為によって行われた意思表示は取り消すことができるのです。 2020年4月1日に施行された改正民法の詐欺行為の変更ポイントについて分かりやすく解説します。   このページで分かる事民法の意思表示とは何か詐欺行為の時は意思表示をなぜ取り消せるの?詐欺の要件は?今回の改正のポイントは?変更ポイントその2、詐欺をした相手が物を売ってしまった場合まと ...

ReadMore





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

-法改正
-

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2020 All Rights Reserved.