法改正

【代理権の濫用】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説

代理権の濫用 民法改正 2020 4月

geralt / Pixabay

改正民法107条 【代理権の濫用】について

 

民法には代理人という考え方があります。例えば、裁判の時には専門家である弁護士にお願いすることがあります。裁判というと弁護士でないとできない気がしますが、実は自分が1人でやることも可能です。しかし、専門的な知識を持たないため、専門家にお願いしているのです。今回はそんな代理人が代理権を濫用した場合はどのようになるのかについて解説していきます。

 

代理権とは?

代理権というのは、本人に代わって、代理人であることを告げて、本人のための意思表示を本人の代わりに行い、相手方と法律行為をすることです。

あくまで、本人のための意思表示であるため、そこで行われた法律行為は本人に帰ってきます。(効果帰属)例えば、裁判で被告人が有罪になったからといって、その弁護をしていた弁護士が有罪になるわけではありません。

弁護士は本人に代わって本人のために意思表示をしているだけなので、その結果は本人が受けるべきものです。

 

図にすると、上のようになります。本人Aさんの代わりに代理人Bさんが、相手方のCさんと法律行為をしています。BさんはAさんのために行い、この法律行為の結果はAさんに帰っていきます。例えば、土地の売り買いであった場合、代理人のBさんがCさんと契約を結びますが、実際にはAさんと結んだことと同じなので、Aさんは土地を渡し、Cさんは契約に基づき金銭などの支払いをすることになります。

 

代理権には2種類あります。1つは任意代理権であり、本人から依頼されて代理人となる場合です。弁護士はまさにこの典型的な例です。

2つ目に法定代理権というものがあります。依頼ではなく法律により代理人となる場合です。

未成年者の親権者がまさにこの例になります。法律によって未成年者の代わりに法律行為をできるのが親権者(親など)になります。

 

代理権の濫用の条文はどのように変化した?

第107条(代理権の濫用)

 代理人が自己又は第三者の利益を図る目的で代理権の範囲内の行為をした場合において、相手方がその目的を知り、又は知ることができたときは、その行為は、代理権を有しない者がした行為とみなす。

 

第107条は旧法では規定がなかったため、新しく新設された条文になります。

簡単に言うならば、代理人が代理権の枠内で法律行為をしましたが、実際には本人のためではなく、自分や第三者の利益ために行っていた場合、本人が不利益を被ることがあります。

 

代理権の濫用の例

土地を持っている本人Aさんという人がいました。Aさんは土地を売る際にBさんに土地の売却を頼みます。BさんはAさんの代理人として、Cさんに土地を売る契約をしました。

しかし、代理人Bさんはお金に目がくらんだのか、売却したお金を着服してしまいました。

この場合、AさんはCさんに土地を渡さなければならないのでしょうか?Cさんからすれば、代理人Bさんとして売買契約を結び、お金も払っているのでCさんは何も悪いことはしていません。

このような場合どうなるのかを、取り決めしたのが第107条です。

 

上の図のように代理人Bは着服しようとしています。この時、CがBの着服を知っていた(悪意)もしくは、知ることが出来た場合(過失有り)の場合には、無権代理行為ということになりました。無効になるわけではないということに注意が必要です。また、Cが善意無過失の場合には、代理人Bが行った法律行為は有効になります。土地ばCに渡した上で、AはBを直接訴える必要があるでしょう。

 

無権代理とは、代理権を有していない者が勝手に代理人として振る舞っているという状態です。

無権代理行為であると認められたのであれば、本人Aさんは、追認権と追認拒絶権を持つことになります(民法第113条)

・追認権、この契約を後から認めることができる権利で、追認すればBが契約した時に遡り契約が認められます

・追認拒絶権、追認を求められても拒否することができる権利です。

 

追認権と追認拒絶権は、相手方のCがAにこの契約を追認するかどうか聞いてきたときに、どちらも選べるということです。

当然拒絶すれば、AはCに土地を渡すことはなくなるので、CがBに責任追及をしたり、契約自体の取り消しを行うことになります。(民法第117条)

 

 

まとめ

自分一人で何かをできない時に、誰かに頼むことは当たり前の行為です。特に専門的な知識が必要な時は「代理人」に頼むことは良くあることです。しかし、本人の思惑と代理人の思惑が異なり、トラブルとなることも多々あります。

 

トラブルを避け、自分の利益を守るためには、法的な知識を身につけ、代理人であれば制限をしっかり設ける、信頼できる人を選ぶなど注意が必要です。また、トラブルになった際自分での解決や自分の利益が守れなさそうな時には、弁護士に依頼することが望ましいでしょう。

 

 

その他の民法改正

転得者 対する 詐害行為 取消請求 民法改正

法改正

2020/10/10

【転得者に対する詐害行為取消請求】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の5)

詐害行為取消請求は、もう強制執行間近な債務を抱えている債務者が財産を減らそうと他人に贈与したりする場合に取消ができるというものでした。今回はその財産を受け取った人(受益者)がまた、他の人に贈与してしまった場合というのは、詐害行為取消請求ができるのだろうかという問題になります。   このページで分かる事第424条の5の条文424条の5のポイント旧法、判例との変更ポイントまとめ 第424条の5の条文 第424条の5  債権者は、受益者に対して詐害行為取消請求をすることができる場合において、受益者に移 ...

ReadMore

no image

法改正

2020/10/10

【複数の債務を請け負っている場合は?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の3)

複数の債権者からお金を貸してもらっている債務者がいたとします。この債務者が特定の債権者にだけ弁済行為(お金を返す)ということをした場合、負債を返しただけですので問題がないような気がします。しかし、例えば、特定の債権者にだけ返して破産手続きなどをされると、他の債権者が困ることになります。   今回は、複数の債務を抱えている債務者に対して、詐害行為取消権が使える場合を解説します。   このページで分かる事第423条の3の条文423条の3の1項のポイント424条の3の2項のポイントまとめ 第 ...

ReadMore

相応の対価 売却 取消しできる?

法改正

2020/10/10

【相応の対価で売却した際に取消しできる?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条の2)

詐害行為取消権とは、債務者が債権者に返すのが嫌で自らの財産を少なくするために第三者に贈与をする又は、負債を増やして財産を減らすことでした。今回は、例えば、不動産などを適正価格で売ることで、債務者が現金に換えるといった場合に取消しができるのだろうかということになります。   素直に考えると、不動産を適正価格で売れば財産は減っていないため、問題がないように見えますが、取消しできる場合があるのかどうかということを解説していきたいと思います。   このページで分かる事第424条の2の条文相応の ...

ReadMore

詐害行為取消請求 2020 民法改正

法改正

2020/10/10

【詐害行為取消請求はどのように変わった?】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第424条)

とあるところにいたAさんがBさんにお金を貸しましたが、実はBさんにはそのお金を全く返す気がなく、Cさんにお金を全部贈与してしまい、自らは一文無しで破産手続きを取ってしまったなんてことが起こってしまったらどうでしょうか。 お金を貸したAさんが大損してしまうのでしょうか?今回、424条では詐害行為取消請求という、Cさんへの贈与が取り消しできるという場合について解説していきます。   このページで分かる事424条、条文の変化424条のポイント詐害行為とは具体的になぜダメなのか詐害行為取消権の行使の仕方 ...

ReadMore

債権者代位権 登録 登記 請求権 2020

法改正

2020/10/10

【債権者代位権の登録・登記の請求権】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条の7)

423条は今回の改正でも非常に大きく、債権者代位権について扱ってきました。423条の7ではその債権者代位権を使う場合において、登録・登記の請求権の時はどのように考えるのかということを表しています。   423条の3では動産や金銭は直接請求ができるとありましたが、不動産の請求権については書いてありませんでした。登記や登録とは何なのか基本的なところから423条の7について解説していきます。   このページで分かる事423条の7の条文登記(登録)手続きをする請求権とは423条の7は誰に請求を ...

ReadMore

債権者 処分 権限 2020 民法改正

法改正

2020/10/10

【債権者代位権と債務者の処分の権限】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条の5)

423条から債権者代位権についての変更点をまとめてきました。今回も新たに新設された条文で、債権者代位権をAさんが行使した際に、債務者BさんとCさんの関係が例えば、非常に仲が良くCさんがAさんに直接ではなくBさんに返すということを拘ったらどうなるのでしょうか。   今回は、CさんがBさんに債権を履行することができるのか、またBさんはその債権をどのように扱えるのかを解説していきます。   このページで分かる事423条の5の条文423条の5のポイントまとめ 423条の5の条文 第423条の5 ...

ReadMore

債権者代位権 直接支払い 民法改正 2020

法改正

2020/10/10

【債権者代位権の直接支払い】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条の3)

  423条の債権者代位権とは、債務者の持っている権利(被代位権利)を、債権者が代わりに行使することを認めるものでした。 この時に、債権者は債務者の代わりに債権を回収することができますが、債権者に直接支払ってもらうのか、債務者に支払えといえるだけのものなのかによって大きく変わってきます。今回は債権者代位権についてより詳しく解説していきたいと思います。   このページで分かる事423条の3の条文423条の3のポイント金銭と動産以外の場合は?まとめ 423条の3の条文   第42 ...

ReadMore

債権者代位権 民法改正 2020

法改正

2020/10/10

【債権者代位権】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第423条)

OpenClipart-Vectors / Pixabay 債務者が借りたお金を返してくれないなど、契約が履行されない時に、民法では司法の役割として強制執行という債権者の利益を守る方法がありました。債権者代位権という考え方も、同じように、債権者の利益を守るための方法の1つになります。 それでは、改正ポイントと債権者代位権の考え方を見ていきます。   このページで分かる事民法の条文新旧比較債権者代位権とは423条の改正ポイント保全の必要性とは被代位権利と被代位権利が使えない時とは?裁判上の代位と債 ...

ReadMore

代償請求権 民法改正 2020 解説

法改正

2020/10/10

【新設・代償請求権】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第422条の2)

  以前にも説明した債務の履行が不能の場合において、債権者は本来の給付を受けることはできません。しかし、債務者が債務不履行になったのと同じ理由で、なんらかの利益を得ていたらどうでしょうか。例えば、乗っていた船が沈没し、債務履行するはずであった宝石が海の底に、しかし船が沈没した損害賠償で債務者が利益を受けていた場合はどうなるのでしょうか。   今回は、新設された、代償請求権について解説します。 このページで分かる事422条の2の条文は代償請求権のポイント新民法は帰責事由が関係ない?まとめ ...

ReadMore

債務不履行 法改正 民法 基本 解説 415条

法改正

2020/9/9

【債務不履行②】民法改正2020年4月1日施行の基本と要所の解説(第415条)

お金を借りたのにも関わらず、お金を返すことができない場合、建物などを差押えされることがあります。これは、お金の貸し借りも法的な契約の1つであり、お金を返すという債務を履行する義務があるため、裁判所が強制執行することができることがあります。   今回は、債務が履行されなかった場合においておこる損害はどのパターンであれば賠償請求できるのかについて解説していきます。   このページで分かる事415条、条文の変更415条のポイント帰責事由とは?損害賠償の請求ができる要件とはまとめ 415条、条 ...

ReadMore





TEL:0120-101-513



メールでのお問合せなら

24時間365日OK!!


お問合せ

-法改正
-

Copyright© 増野行政書士国際総合事務所~茨城県龍ケ崎市 , 2020 All Rights Reserved.